「ソニーのテレビ史上最高画質」を実現した4K HDR信号対応ブラビアZ9Dシリーズを発売


ソニーは同社の「テレビ史上最高画質」と謳う、4K HDR対応ブラビアのハイエンドモデル「Z9Dシリーズ」を発売する。ラインナップ、発売日、価格は以下の通り。
●ラインナップ
KJ-100Z9D 100V型 受注生産(11月下旬以降全国販売店にて開始) ¥7,000,000
KJ-75Z9D 75V型 10月29日 オープン価格(推定100万円前後)
KJ-65Z9D 65V型 10月29日 オープン価格(推定70万円前後)


Z9Dシリーズは液晶パネルの背面に高密度に敷き詰められた多数のLEDを1つずつ単独で駆動させる新バックライト技術「バックライトマスタードライブ」を搭載し、細かい範囲での明暗を表現することでこれまでにない高輝度・高コントラストを実現。個々のLEDの光が隣接部分に拡散しないよう独自の光学設計が行われている。
また、従来の「X1」と比べて約1.4倍の速度で処理を行う4K高画質プロセッサー「X1Extreme」を新開発。様々なSDR映像を分析してHDR映像にアップコンバートする「HDRリマスター」や、超解像データベースとノイズ低減処理専用のデータベースを利用した「デュアルデータベース分析」、8ビットや10ビットの入力信号を補完して14ビット相当の階調で滑らかなグラデーション表現を可能にする「Super Bit Mapping 4K HDR」などの新機能を実現した。

そのほか、ソニー独自のアルゴリズムにより映像の暗い部分はLEDを消灯、明るい部分に電流を集中させて高コントラストとつややかな光の輝きを再現する「X-tended Dynamic Range PRO」、広色域技術「トリルミナスディスプレイ」、あらゆる映像を高精細な4K画質にアップコンバートする「4K X-Reality PRO」など、従来の高画質技術も継承されている。
対応の4K放送/配信はスカパー! プレミアムサービス、「ひかりTV 4K」ビデオオンデマンド配信、4Kアクトビラ、Netflix、dTV、YouTube(HDRは「ひかりTV 4K」ビデオオンデマンド配信、Netflixで対応)。
KJ-100Z9Dは銀座・ソニーショールームにて9月24日から先行展示が行われる。KJ-75Z9D とKJ-65Z9Dはソニーストア名古屋/大阪/福岡天神にて先行展示中(銀座では9月24日~)。
●製品ページ
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-Z9D/index.html
●問い合わせ ソニーマーケティング買い物相談窓口
0120-777-886