【読者モニターレポート】30cmのスライダー、
スキーヤーLX360


2016年7月号で募集した読者モニタープレゼント。
当選した読者の方々から、少しずつレポートが集まってきています。
動画や画像も交えながら、順次掲載していきます。


ハイスピード(HS)撮影と組み合わせるとスムーズな移動感が得られた


レポート◎TAKES’ さん
【スキーヤーLX360とは】
スキーヤーLX360は幅30cmの小型軽量のスライダー。ブライダル撮影など一人で撮影する現場では定番の機材になっている。ドラッグはなくロックのみ。GH4やα7系など小型カメラ向き。取り扱いはプロ機材ドットコム
 レール背面がアルカスイス規格なのでマンフロットの190アルミ3段三脚につけて使用してみたが、やはり三脚が大きすぎて釣り合わなかった。30cmというストロークは風景など遠景の撮影をしてもあまりレール撮影の効果は感じられないため、変換ネジを使用してVelbonのUT-43に取り付けてテーブル周りの小物類に使用してみた。使うレンズにもよるが移動感をより感じるのは広角よりも標準か中望遠のほうがレンズのボケ味も含めて顕著に感じられる。
lx360_1.jpglx360-2.jpg
ドラッグがなくロックのみなので一定速度で滑らせるにはかなりの技術を要すると感じた。
いろいろ試してみたが、私はGH4のバリアブルフレームレートを使用して2倍か3倍のHS撮影にしておいて、レール移動は普通に滑らせるという手法にすると、スムースな移動感を再現できた。
初めてレールを使用してみたが、やはり移動感を感じさせるためには60cmは必要な気がする。
まあ、でも30cmという短さから携帯性はひじょうに良いので撮影には必ず持って行って、ここぞという時に使用してみるのは便利である。