サイバーリンク、360度映像編集に対応した PowerDirector 15を発表


PowerDirector%2015.jpg
サイバーリンクでは9月13日、家庭用ビデオ編集ソフトの新バージョン「PowerDirector 15」シリーズを発表した。ダウンロード版は発表当日の13日から、パッケージ版は10月14日から発売を開始する。


新バージョンの最大のポイントは360度映像編集に対応したこと(普及版のPowerDirector 15 Standardは非対応)。全天球映像を結合することはできないが、撮影した360度カメラに付属するソフトを使って作成した「正距円筒図法(エクイレクタングラー)」の映像を読み込んで編集できる。
読み込んだ360度映像を使って、通常のビデオ編集のようにカット編集やタイトル、トランジション、エフェクト、合成などが可能になり、編集結果をファイル出力したり、YouTubeやFacebookに360度動画としてアップロードすることもできる。
また、360度動画から任意の画角を切り出し、通常の2D映像として出力することも可能。360度映像から自由に見せたいシーンを選んで編集できる。
スマートフォンを縦位置のまま撮影した「9:16」映像の編集に対応した他、マスクや「乗算」「スクリーン」といった合成機能も搭載し、映像加工を楽しめる機能強化もされている。
PowerDirector 15 製品紹介ページ
http://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-ultra/features_ja_JP.html
製品ラインナップ比較
http://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-ultra/compare-versions_ja_JP.html

PowerDirector 15 パッケージ版ラインナップと価格


PowerDirector 15 Ultimate Suite
通常版:19,500円
乗換え・アップグレード版:14,000円
アカデミック版:12,000円
PowerDirector 15 Ultra
通常版:14,500円
乗換え・アップグレード版:8,200円
アカデミック版:8,000円
公認テクニカルガイドブック版:16,500円(玄光社MOOK「PowerDirector 15 実践講座」添付版)
PowerDirector 15 Standard
通常版:4,850円