ニコン、初のアクションカメラ Keymissionシリーズを発売


 ニコンは同社初となるアクションカメラ「KeyMissionシリーズ」の発売を発表した。製品のラインナップは3種類。いずれも発売は10月28日発売を予定しており、価格はオープンとなる。メーカー直販価格は、「KeyMission 360」は65,880円前後、「KeyMission 170」は51,300円、「KeyMission 80」が35,100円。

4K UHD(3840×2160)/24pの360°VR撮影をサポートする
KeyMission 360

keymission004.jpg
 KeyMission 360は、4K/24p対応の360°動画の全方位撮影をサポート。対応のヘッドマウントディスプレイを使用すると、VR(バーチャル・リアリティ)体験も可能になる。防水性能は水深30m時に最大60分までの撮影が可能。レンズプロテクター装着時は、水深約20mまで使用できる。その他、耐衝撃2m、耐寒-10℃、防塵性能も備える。
 本体正面と背面にカメラを備え、撮像素子は1/2.3型のCMOSセンサー×2。有効画素数は2389万画素。記録メディアはmicroSDXCメモリーカードに対応(動画は1ファイル4GBで分割される)。
 無償提供のスマートデバイス専用の「SnapBridge 360/170アプリ」とパソコン用の専用ソフトウェア「KeyMission 360/170 Utility」を使うと、電子式の手ブレ補正や360°全方位動画の閲覧、動画編集等の機能を使用できる。アプリではリモート撮影やカメラの設定変更などが可能になっている。
 


KeyMission 360で撮影した360°VR動画のサンプル映像。「360°映像体験(4K UHD) 「プロクライマー・白石阿島」編 」。

◆KeyMission360の製品情報
http://www.nikon-image.com/products/action/lineup/360/

4K(UHD)/30p撮影と170°の広角撮影に対応するKeyMission 170

keymission002.jpg
 撮像素子は1/2.3型のCMOSセンサーで、有効画素数が829万画素。記録メディアはmicroSDXCメモリーカードに対応(1ファイル4GBでファイル分割)。背面には1.5型(約34万画素)の液晶モニターを備える。170°の超広角撮影に対応し、最大4K/30p撮影に対応する。本体に電子式手ぶれ補正を備えるが、使用できるのはHD撮影時となり、4K時は使用できない。


KeyMission 170のサンプルムービー/170°サンプル映像(4K UHD) 「サイエンスフォトグラファー・クリス」編 。

◆KeyMission 170の製品情報
http://www.nikon-image.com/products/action/lineup/170/

片手で素早く撮影可能。自撮り用のサブカメラを備えるKeyMission 80

keymission006.jpg
 KeyMission 80は、片手のまま素早く撮影できる機動力と携行性が特徴。動画は最大1080/30p。メインカメラに加えて、自分撮り用サブカメラも搭載する。防水1m、耐衝撃1.5m、耐寒-10度、防塵性能を備える。
 メインカメラは1/2.3型のCMOSセンサー。有効画素数が1235万画素。サブカメラは1/5型のCMOSセンサー。有効画素数が492万画素。記録メディアはmicroSDXCメモリーカードに対応。タッチパネルの1.7型液晶モニター(約23万画素)を備える。

◆KeyMission 80の製品情報
http://www.nikon-image.com/products/action/lineup/80/