パナソニック、Thunderbolt 3採用の
expressP2ドライブ「AU-XPD3」を開発


パナソニックは次世代高速インターフェイスThunderbolt 3を採用した”expressP2ドライブ”「AU-XPD3」を開発し、オランダ・アムステルダムで開催中の放送機器展「IBC」にデザインモックを展示した。価格は未定で、発売は2017年春を予定している。


「AU-XPD3」はexpressP2カードスロットを搭載し、expressP2/P2/microP2カードアダプターが使用可能。2つのThunderbolt 3端子を装備し、最大6台までデイジーチェーン接続できる。電源は付属のACアダプターを使い、バスパワー駆動には対応しない。
現在発売中の”expressP2ドライブ”「AU-XPD1」はUSB3.0を採用し2.4Gbpsでのデータ転送が可能だが、新製品「AU-XPD3」ではその約4倍の10Gbpsまでカードの実効データ読み出し速度を向上できると期待しているという。また、デイジーチェーン接続すれば複数カードドライブに同時にアクセスし、高速のシステム構築も可能になる。
●問い合わせ
パナソニック株式会社 AVC ネットワークス社
イメージングネットワーク事業部
プロAVマーケティング部 マーチャンダイジング課
TEL:06-6905-4640
●プレスリリース
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/09/jn160909-4/jn160909-4.html