パナソニック、UHDとHDの同時出力に対応する
4Kマルチパーパスカメラ「AK-UB300」を発売


パナソニックはUHDとHDの同時出力に対応した4Kマルチパーパスカメラ「AK-UB300」を11月に発売する。希望小売価格は300万円(税別)。


「AK-UB300」は新世代の4Kの大判センサーを搭載し、外付けアダプターなしで2/3型(B4)レンズを装着できるマルチパーパスカメラ。スポーツ中継や風景撮影、ヘリコプターからの空撮などのほか、港湾監視、道路交通情報の撮影など特殊・監視・記録用途での使用も想定されている。大判センサー専用に設計した変換レンズで高画質を実現し、新撮像方式により入射光を最大限に活用することで高いダイナミックレンジでの撮影が可能だ。
また、UHD(最大3840×2160/60p)とHD(最大1920×1080/60p)の同時出力が可能。以下のフォーマットに対応する。
【UHD】
3840×2160/59.94p、3840×2160/29.97p、3840×2160/23.98p、3840×2160/50p、3840×2160/25p
【HD】
1080/59.94p、1080/59.94i、1080/29.97PsF、1080/23.98PsF、1080/23.98p (over 59.94i)、1080/50p、1080/50i、1080/25PsF、720/59.94p、720/50p
さらに、4K映像からHD映像を切り出してHD SDI、IPストリーミング映像として出力する「クロッピング機能」を搭載。切り出す位置は3カ所まで記憶でき、瞬時に切り替えて操作できる。フルHD映像のIP伝送にも対応し、同社のコントローラーAWシリーズと接続すればIP経由でリモートコントロールでき、ウェブブラウザから設定を行うことも可能だ。
撮影サポート機能としては、霧の発生時に被写体のコントラスト・解像感の低下を防ぐ「霧除去機能」を搭載。除去のレベルは3段階から選択できる。その他、色温度の変化を自動で認識してホワイトバランスを調整する機能や、マイナス6dB~+36dBまでゲインを自動で切り替える機能、フラッシュ発光時にフラッシュバンド現象を補正する機能なども備えている。
●プレスリリース
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/09/jn160909-2/jn160909-2.html