最高ISO409600、暗所に強く 最長8時間録画に対応する 小型業務用4K対応ビデオカメラ UMC-S3Cがソニーから登場


UMC-S3C004.jpg
ソニーは最高ISO409,600の高感度に対応し、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー搭載の小型業務用4K対応 ビデオカメラ・UMC-S3Cを11月に発売する。価格は75万円を予定している。

モニター、バッテリー、操作ボタンを省略し、小型・軽量化を実現
操作はリモコンや専用アプリをインストールしたWindowsPCで行う

UMC-S3C002.jpg
UMC-S3Cはモニターやバッテリー、操作ボタンを本体から省略し、外形寸法は幅約104×高さ84×奥行48mm(レンズ除く)、重量は約390gと小型・軽量を実現。天面・底面・背面にネジ穴も備え、車やロボットなどに装着して移動しながらの撮影も可能だという。
本体の操作は別売のリモコン『RM-VPR1』、『RMT-VP1K』、『VCT-VPR1』、『VCT-VPR10』等で行えるほか、アプリをインストールしたWindows OSのPCと接続すれば、画質設定・調整も可能になる。

記録メディアはSDカード、記録方式はXAVC S

UMC-S3C003.jpg
マウントはEマウント。記録メディアはSDカードで256GBのカードを使用時は最長8時間強(約515分)の長時間録画にも対応する。記録方式はXAVC Sで最大ビットレートは100Mbps。


◆製品情報
http://www.sony.jp/snc/products/UMC-S3C/index.html