ラトックシステム、フルHD以下の映像を 4K/60Hzへ変換する アップコンバーター発売



rphd2up4k_hdmi.jpg
ラトックシステムでは、フルHD以下の映像を4K/60Hzへアップコンバートする「RP-HD2UP4K」を、2016年10月27日よりラトックプレミア楽天市場店、アマゾン店にて発売開始しました。価格はオープンですが、直販価格は5,680円(税込)です。
RP-HD2UP4KはフルHDまでのHDMI信号を変換し、3840×2160/60HzでHDMI出力するアップコンバーター。アップコンバーターを搭載していない4Kテレビを利用しているユーザーで、HDコンテンツ再生時に画像の甘さが気になる人はチェックするとよさそう。
入力映像の対応解像度は1080p(フルHD画質)、720p(HD画質)、480p/480i(SD画質)。業務用機器にも採用されているVRSクリアビュー技術を搭載したビデオプロセッサー「SiI9612」を搭載し、超解像処理を行うと同時にノイズを低減。輪郭を強調する画像エンハンスメント機能も備えるという。
●製品情報ページ
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/rphd2up4k.html
●ラトックプレミア楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/ratoc/rp-hd2up4k/
●ラトックプレミア アマゾン店
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M5G5OCK