アバーメディアからPCとつないで配信・録画、 PCレスで単体録画ができるゲームレコーダーAVT-C878が発売


AVT-C878%20color%20box_JP.jpg
 アバーメディア・テクノロジーズは、11月1日からゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイスAVT-C878の予約販売を開始した。価格は24,900円。AVT-C878は録画・ライブ配信の最高画質は 1080/60pとなる。PCと接続すれば録画に加えて、配信を行うことができ、PCレスの場合は録画のみに対応する。

PC接続時と単体録画で録画形式が異なる

【PCモード】
AVT-C878-01.jpg
 PCモードではハードウェアエンコード機能により、USB 2.0接続でも低遅延でゲーム画面をPCに表示できる他、ドライバーのインストールが不要なため、他のデバイスとの競合問題の心配もないという。製品付属の専用ソフト「RECentral 3」でライブ配信と録画が可能になっている。ソフトはWindows PCのみの対応になるものの、サードパーティソフトを使うことでMacでのライブ配信にも対応できる。PCモードでの録画のファイル形式は、MP4(コーデック:H.264+AAC, MJPEG)。ビットレートは60 ~ 0.3 Mbpsから選択できる。

【単体録画モード】
AVT-C878-02.jpg
 単体録画モードを使う場合、本体にmicroSDカードスロットを備え、中央にある START ボタンを押すだけで録画が開始される。単体録画モードの録画形式はMOV(コーデック:H.264+AAC)。ビットレートは20 ~ 4 Mbpsとなる。モバイルバッテリーで給電しながら使用することもできるため、どこでもスマホゲームの録画も楽しめるという。

ボタン・装備端子

c878_09.png
▲前面
c878_10.png
▲背面
 



◆製品情報
http://www.avermedia.co.jp/product_swap/avt-c878.html