シロップgenieを取り付けて、 最長100mの距離をタイムラプスできるケーブルカムSlingshotが登場


Slingshot%20Cable%20Cam%20-%20Mt%20Eden%202.jpg
 オーストラリアのメーカー・シロップ社から発売されているタイムラプス用電動雲台のgenie(ジーニー)は、スライダー等に取り付けてモーションタイムラプスが撮影できる製品として注目を集めた製品。11月11日より、銀一はジーニー用のアクセサリーとして、最長100mまでの長距離タイムラプス撮影を可能にするケーブルカム・Slingshot(スリングショット)を発売する。価格は148,000 円。
 製品重量は8 kg(キャリーバッグ含む)。カメラの取り付けネジは3/8インチネジで、最大積載重量は8 kgとなっている。スリングショットにカメラを取り付けるためには、ボールヘッド等の雲台が必要になるが、パン・チルトブラケットを組み合わせることで2軸・3軸のカメラワークが可能になる。ジーニーやジーニーミニをシンクケーブルを接続することで、Bluetoothを使用して、スマートフォンやタブレットの専用アプリでワイヤレスコントロールもできるという。

同梱品

Slingshot-Whats%20In%20The%20Box.jpg
キャリッジ本体(組立式)、
ロープ設置用器具 x 2 セット、
スリングショットロープ 25m x 2 本、
ジーニー用ロープ 25m、専用ラチェットレンチ、
キャリーバッグ
Slingshot%20Cable%20Cam%20-%20Setup.jpg
▲ケーブルは柱や木などに固定する。
0007-9100%20Slingshot%20Rope%20100m_White.jpg
▲スリングショットには25m のロープが同梱になるが、別売オプションとして50m(5万円)、100m(8万6千円) の2 種類を用意。それぞれ、2 本セットで別途ジーニーをスライドさせるためのロープが必要になる。

◆ニュースリリース
http://www.ginichi.co.jp/newsrelease/1821/