銀一、Lens Coatの新製品「レンズハイド ライトウエイト」「レンズハイド ウォーターリペレント」「ロールアップモールポーチ」を発売


銀一は同社が扱う「Lens Coat」の新製品、「レンズハイド ライトウエイト」「レンズハイド ウォーターリペレント」「ロールアップモールポーチ」を12月15日に発売する。



「レンズハイド ライトウエイト」は野外での撮影時に、三脚とレンズ、撮影者の全身をカモフラージュ柄の生地ですっぽりと覆うことのできるカバー。カバーのレンズ部分は口径に合わせてドローコードで絞ってサイズを調整でき、レンズの下でベルクロで留めて使う。フラッシュを使う際にはカメラ上部にあたる部分のスリットを開けて、フラッシュだけを外に出して撮影するという構造になっている。撮影者が立った状態でも使用可能だ。
生地は軽くて通気性があり、長時間の撮影でも負担にならない。また、カバーをかぶったまま撮影者が周囲を観察できるように、顔にかかる部分はカモフラージュ柄のメッシュ生地になっている。
収納する時は本体に縫い付けられた収納ポーチに畳んでしまう。カモフラージュのパターンは「リアルツリーハードウッド・アドバンテージMAX4」1種類のみ。
レンズハイド ライトウエイト
25,000円
サイズ:約195.5 ×172.7cm
質量:約0.77kg





「レンズハイド ウォーターリペレント」は「レンズハイド ライトウエイト」の防水バージョン。生地は防水仕様で、縫製部分には防水性を高めるシームテープが貼られている。カモフラージュのパターンは「フォレストグリーン・ウッドランドカモ」「リアルツリーハードウッド・アドバンテージMAX4」「リアルツリーハードウッド・スノー」「デジタル・アーミーカモ」の4種類がある。
レンズハイド ウォーターリペレント
35,000円
サイズ:約195.5 ×172.7cm
質量:約1.27kg






「ロールアップモールポーチ」はレンズやアクセサリーの持ち運びに使えるコンパクトな携帯用筒状ポーチ。外側は頑丈で耐久性のあるコーデュラを使い、裏地には水に強いナイロンを採用。開口部はドローコードで絞って締める。背面にはモールシステム対応のストラップ・固定用ウェビングとベルト装着用のループを装備している。使わない時は小さく丸めてしまっておくことも可能。生地のパターンは5種類あり、それぞれスモール、ミディアム、ラージ、エクストララージの4サイズを用意する。
ロールアップモールポーチ
スモール6,000円
ミディアム6,500円
ラージ6,800円
エクストララージ7,500円
●銀一株式会社 海外商品部
03-5550-5036
http://www.ginichi.co.jp