JVCケンウッド、4K/HDR対応の家庭用D-ILAプロジェクター「DLA-X770R」「DLA-X570R」を発売


JVCケンウッドは4K/HDRに対応した家庭用D-ILAプロジェクター「DLA-X770R」「DLA-X570R」を12月下旬より発売する。「DLA-X770R」は90万円で色はブラックのみ、「DLA-X570R」は70万円でブラックとホワイトを用意する。

左:DLA-X770R 右:DLA-X570R


「DLA-X770R」「DLA-X570R」は高圧水銀ランプと高効率光学エンジンを組み合わせることで、昨年発売されたモデルからさらに高輝度化を図り、上位モデル「DLA-X770R」では1,900lmの高輝度を実現。また、独自のD-ILAデバイスと高出力ランプに対応したワイヤグリッド採用の光学エンジン、入力された映像を解析して黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」などによりコントラストを向上させ、「DLA-X770R」ではネイティブコントラスト13万:1、ダイナミックコントラスト130万:1を実現した。
新モデルはHDR機能も向上。HDR10信号が入力されると自動で切り替わる「HDRオートピクチャーモード」を新たに搭載し、HDRコンテンツをより手軽に観られるようになった。今後放送などで採用が予定されているHDR新方式「Hybrid Log-Gamma」にも対応している。
そのほか、従来モデルから継続して独自の表示技術「4K e-shift 4テクノロジー」を採用。1画素を0.5画素分斜めにシフトすることで解像度を増やして4K映像を実現する。また、HDMI2.0対応のHDMI入力端子(HDCP2.2対応)を備え、4K/60p 4:4:4などフルスペックの4K映像入力が可能だ。さらに同社のD-ILAプロジェクターのフラッグシップ「DLA-Z1」と同じ新解析のアルゴリズムを採用した映像処理技術を搭載することで、フルHDからのアップコンバートも含めて4K映像をより精細に表現するという。
外形寸法はいずれも幅455mm×高さ179mm×奥行き472mm。質量は「DLA-X770R」が15.6㎏、「DLA-X570R」が15.4㎏。
●製品ページ
DLA-X770R
https://www3.jvckenwood.com/projector/dla-x770r/
DLA-X570R
https://www3.jvckenwood.com/projector/dla-x570r/