DJI、CES2017でOsmo Mobileシリーズ新製品や新アプリGround Station Pro等を発表


 DJIはアメリカ・ラスベガスで1月5日〜8日まで開催中のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)でスマホ用ジンバルOsmo Mobileやドローンの自動飛行制御を行うプロ用アプリGROUND STATION PRO(GSPro)、高輝度液晶モニターCrystalSkyを発表した。

Osmo Mobileシリーズはシルバーモデルと従来のOsmoでスマホを使える
Zenmuse M1を発表

 Osmo Mobileはスマートフォン向け手持ちジンバルでDJI GOと組み合わせると指定した被写体の自動追尾やモーションタイムラプスなどの機能を楽しめる。今回のCESではカラーバリエーションとしてシルバーモデルのOsmo Mobile Silver(38,772円)がラインナップに加わった。今回、新機能として美肌効果の「Beautfyモード」が追加された他、動画ユーザーからも定評のあるスマホ用アプリFilMic Proとの連携にも対応した。

 また、Osmo Mobileはジンバルとグリップが一体型となり、従来から発売されていたOsmoととは互換性がなかったが、Osmo用のスマホジンバルとしてZenmuse M1(21,924円)も登場。両製品は1月下旬からの出荷を予定しているという。

空撮マッピングや建設業、精密農業や電気設備の点検などの効率化を図る新アプリ「Ground Station Pro(GS Pro)」

 GS Proは機体の自動飛行を制御するiPad用の無料アプリ。ドローンを利用した空撮マッピングや建設業、精密農業や電気設備の点検などの場面で使用する。

「3Dマップエリア」は飛行区域とカメラのパラメータを設定するだけで、効率的な飛行経路を算出できる機能。撮影した画像データは3Dマップを作成するため、3D再構築ソフトウェアに入力されます。飛行経路等のタスク内容を保存して再利用することもできる。

また、「TAP AND GOウェイポイント」という機能では、1つのタスクで最大99個のウェイポイントが設定でき、機体の回転、ジンバルピッチ、録画の開始/停止、写真撮影、ホバリングなど最大15の連続操作を設定できる。「VIRTUAL FENCE」により、指定区域内で機体の高度と速度を設定することで、安全性と使いやすさが向上します。指定区域外に近づくと、機体はブレーキをかけてホバリングし、飛行区域内に留まる。

超高輝度モニター:CrystalSkyモニター

 CRYSTALSKYは直射日光下でも画面をはっきりと確認できる高輝度モニター。7.85インチと5インチの2種類をラインナップ。5.5インチモデルは画面解像度が1920×1080ドット、輝度は1000 cd/m2。 7.85インチモデルは解像度2048×1536ドットで輝度は最大2000 cd/m2となる。

 本体にmicroSDカードスロットを備え、H.264とH.265の圧縮の動画ファイルに対応し、最大60fpsと30fpsで再生可能。さらに、映像のバックアップとして使用することもできるという。また、CrystalSkyモニターのHDMIポートから、4K動画をFPVゴーグルやその他の外部モニターに出力できる。バッテリーは2セルの4920mAhの外付けバッテリー。外部バッテリーは、極端な温度環境を想定して設計されており、最低 -20℃から運用可能で、最高40℃でも内部の冷却システムが働き、通常通り機能します。5.5インチは最大5〜6時間、7.85インチは最大4〜5時間駆動するという。

なお、日本での販売価格と発送時期については後日発表になるという。

 

●ニュースリリース
http://www.dji.com/jp/newsroom/news/ground-station-pro