プレミア&AE用プラグイン「Mercalli V4 for Adobe」販売開始


フラッシュバックジャパンは1月13日、手ブレ補正機能とCMOS歪曲除去機能を備えるproDAD社のAdobe Premiere Pro/Adobe After Effects用プラグイン「Mercalli V4 for Adobe」の販売を開始した。対応するソフトのバージョンはAdobe After Effects:CC2017とAdobe Premiere Pro:CC2017。価格は39,000円でV2 PROからのアップグレード版「Mercalli V4 for Adobe Upgrade」(28,000円)も用意する。

Mercalli V4 for Adobeは、カメラの揺れや振動を自動で解析してリアルタイムに補間し、ブレを除去するスタビライザー機能「Mercalli 4.0」と、CMOS歪曲を除去する機能「CMOS FIXR」の2つを収録。前バージョンの「Mercalli V2 PRO」から6年ぶりのバージョンアップとなる。進化点は解析の速度とスタビライズ精度の向上。最新版は旧製品に比べて解析の速度が2倍になり、長尺の素材でも待ち時間のストレスが少なくなった。またスタビライズ精度に関してはX,Y,Z軸スタビライズやフィッシュアイビデオのスタビライズ機能が改良されたことでより自然な結果を得られるようになり、スタビライズ後のトリミング(ズーム)量も減少している。

また、新たに搭載されたカメラオプティクスオプションでは、撮影時に利用したカメラを選択することでスタビライズ結果を最適化することが可能になった。

Mercalli V4 for Adobe製品ページ

http://www.flashbackj.com/prodad/mercalli_pro/