ナノ・ユニバースのCM撮影にBlackmagic URSA Mini 4Kが使用される


ブラックマジックデザインは、日本のアパレル会社である株式会社ナノ・ユニバースのテレビCM「Anti Soaked」の撮影にBlackmagic URSA Mini 4K、カラーコレクションにDaVinci Resolveが使われたことを発表した。

ナノ・ユニバースはオリジナルブランド商品も多く扱うセレクトショップで、全国に数多くの店舗を構えるほか、直営の通販サイトも運営している。ファッション業界では映像企画だけでなく制作まで自社で行う企業はまだ多くないが、ナノ・ユニバースは独自の映像部隊を擁し、動画制作やWeb制作を自社で行なっている。同社の通販サイトも、服やアクセサリーの販売にとどまらず、ライフスタイルを提案するような独自のコンテンツを意欲的に発信している。

今回、同社のオリジナル商品である汗染み防止Tシャツ「Anti Soaked」のCMを手がけたのは、同社のWeb戦略部 映像チームに属する牧野修一郎氏だ。牧野氏が監督と編集、カラーコレクションを担当。それに加えてフリーランスの浪谷昇平を撮影監督に起用し、同グループのカメラマン・中村圭吾氏も撮影に参加した。


(左:浪谷氏、右:中村氏)

(牧野氏)今まではデジタル一眼での動画撮影がメインでしたが、ブラックマジックデザインのカメラを何度かレンタルで試してみて、そのコストパフォーマンスの圧倒的な良さから今回はURSA Mini 4Kを導入しました。現在、弊社で制作しているほとんどの動画はこのカメラで撮影されています。

撮影はキヤノンの30-105mmのズームレンズをメインに使用し、単焦点のレンズをいくつか付け替えながら進められた。

(浪谷氏)30-105mmはかなり大きなレンズですが、URSA Mini 4Kはつくりがしっかりしているので安定感があります。また、撮影状況に合わせてカスタマイズできる点も使いやすいですね。今回は外ロケではジンバルのRoninにカメラを搭載して撮影したり、スタジオ撮影のシーンではDCスライダーに載せてクレーンショットのような使い方をしたりもしました。そういう状況ではカメラをなるべくコンパクトにしたかったので、トップハンドルなどはすべて外して本体のみで使用しました。

また、浜辺のシーンとスタジオで撮影したシーンがありますが、今回はほぼ全編をハイスピードで撮っています。映画撮影でよく使われるブラックプロミストのフィルターをつけて光源部分を柔らかくし、映画っぽいトーンを作るようにしました。

撮影後、同社で編集とカラーコレクションのポストプロダクション作業を担当した牧野氏とカメラマンの中村氏はこう話す。

(牧野氏)あまり宣伝っぽくない動画にしたいということと、全体的なトーンが鮮やかで派手な感じではない、外国映画のような雰囲気にしたいと考えていました。そのため、色自体もあまり作り込まずにカメラで撮ったトーンをそのまま生かして補正する程度にしています。

(中村氏)logで収録したのでカラーコレクションで調整できる色の幅は広かったのですが、最小限の調整でも求めている色が表現できました。今回のコマーシャルに限らず、弊社は彩度の低い色合いを好んで、そういったルックの映像を作っているので、撮ってそのままのルックも気に入っています。

撮影時の使用感について中村氏と浪谷氏は次のように評価している。

(中村氏)ブラックマジックデザインのカメラはメニューがシンプルなので、他のシネマカメラより使いやすいと感じます。他社製のカメラはメニュー設定が多く、忙しい撮影現場でそれらを設定するのは時間のロスになります。また、新しいカメラOSは直感的に操作できて、今までよりさらに使いやすくなっています。

(浪谷氏)撮影時は1分1秒でも時間を無駄にしたくない。今回は特に、天候が不安定で早く撮影を終わらせないといけないプレッシャーがありました。そんな状況の中、メニューの使いやすさや電源の立ち上がりの速さなどは本当に助かりました。ブラックマジックデザインのカメラはいろいろ使ってきましたが、URSA Miniはモニターがきれいで見やすくなりましたね。普段は外付けのモニターをつけていますが、狭い場所にカメラを設置しないといけない時などは、これひとつで色もフォーカスのチェックも充分でした。URSA Miniは今回のような小規模の制作現場に最適ですね。

●ブラックマジックデザイン
http://www.blackmagicdesign.com/jp