銀一、Peak Designのカメラバッグ「エブリデイ」シリーズとレンジポーチを発売


銀一は2016年12月18日、Peak Design(ピークデザイン)のカメラバッグ「エブリデイ」シリーズ3製品とレンジポーチを発売した。ピークデザインのエブリデイシリーズは高いデザイン性と機能性を兼ね備えたラインで、撮影シチュエーションに合わせて選べる「エブリデイバックパック」(2サイズ)、「エブリデイトート」、「エブリデイスリング」をラインナップする。

●エブリデイバックパック

20リットル 35,000円/30リットル 39,000円

https://www.ginichi.com/shop/products/detail.php?product_id=94232

「エブリデイバックパック」は同シリーズの「エブリデイメッセンジャー」のデザインや機能を継承したスタイリッシュなバックパックで、20リットルと30リットルの2サイズを用意。色はそれぞれチャコールとアッシュから選ぶことができる。

フラップ部分にはマグネットでロックするMagLatchクロージャーを採用し、荷物の量に合わせて4段階調節が可能。自由度の高い中仕切りFlexFoldディバイダーやメインコンパートメント内側の小ポケット、パソコンやタブレット専用のポケット、バッグ側面のインナーポケットなどで荷物を楽に整理・収納できる、また、メインコンパートメントは両側面からジッパーで開けることができるので、バッグを肩にかけたまま機材を取り出せる。

バックパックには上部と両側面の3箇所に持ち手がついており、手持ちにも対応。背面にはキャリーバッグの持ち手部分に通してキャリーオンバッグにするためのスリーブも備えている。

 

●エブリデイトート

26,000円

https://www.ginichi.com/shop/products/detail.php?product_id=94235

「エブリデイトート」はシンプルな形状ながら機能性、保護性、利便性に優れたトートバッグ。開口部がマグネット式になっておりスムーズに荷物を取り出せる。

前面外側のポケットに付属しているコンプレッションストラップを開口部にひっかけて固定すれば盗難防止対策にもなる。このトートバッグも「エブリデイバックパック」と同様に両側面にジッパーが設けられており、バッグを肩にかけたまま荷物を楽に出し入れ可能。2枚のFlexFoldディバイダー2枚を組み合わせることで収納機材に合わせて中仕切りをカスタマイズでき、外せば大きな荷物も入れることができる。バッグ内側にはパソコン・タブレット用のダブルポケットと小さなアイテムを収納するためのポケット、ペンなどを差し込めるオーガナイザーも装備。バッグの取っ手と一体になったストラップを使用すれば三脚を取り付けることもできる。

 

●エブリデイスリング

20,000円

https://www.ginichi.com/shop/products/detail.php?product_id=94236

「エブリデイスリング」はコンパクトなサイズに様々な機能を盛り込んだスリングバッグ。ワンタッチで長さを調節できる独自構造のストラップ、キャプチャーを取り付けられる側面スリットなど細部まで使いやすさにこだわってデザインされている。2枚のディバイダーを備えたメインコンパートメントにはカメラ1台と24-70mmサイズまでのレンズ2本を収納可能。内ポケットにはバッテリーなど、前面のジッパーポケットにはメガネやタオルなどを入れておくことができる。

2本のコンプレッションストラップには2通りの使い方があり、スリングバッグをスーツケースなどに入れておく時はバッグ自体を小さく折りたたむことができ、三脚など大型の荷物を携帯する時はバッグの下に取り付けることができる。

 

●レンジポーチ

スモール 5,500円/ミディアム 6,300円/ラージ 7,000円

https://www.ginichi.com/shop/products/detail.php?product_id=94240

レンジポーチはベルトやストラップに取り付けて安全にレンズを持ち運ぶためのポーチ。スモール、ミディアム、ラージの3サイズがある。蓋はベルクロテープで開閉するタイプで、レンズの長さに合わせて留める位置を調整することができる。また、内部はフェルト製の厚手の中仕切りやフラップ部のスリットを利用して2本目のレンズやケーブルなどを収納可能。背面にはアンカー用ループを備えており、ピークデザインの各ストラップと組み合わせてポシェットとしても利用できる。