キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M6」を発表。デュアルピクセルCMOS AFを採用しBluetoothに対応


キヤノンは2月15日、小型ミラーレスカメラ「EOS M」シリーズの新製品「EOS M6」を発表した。発売は2017年4月上旬で価格はオープン。参考価格(税別のキヤノンオンラインショップ販売予定価格)は以下の通り。

EOS M6(ボディ)…92,500円
EOS M6/EF-M15-45 IS STMレンズキット…107,500円
EOS M6/EF-M18-150 IS STMレンズキット…135,000円
EOS M6ダブルズームキット…130,000円
EOS M6ボディーEVFキット(シルバーのみ)…102,500円
EOS M6/EF-M15-45 IS STMレンズEVFキット(シルバーのみ)…117,500円
EOS M6/EF-M18-150 IS STMレンズEVFキット(シルバーのみ)…145,000円
EOS M6ダブルズームEVFキット(シルバーのみ)…140,000円

「EOS M6」は2015年3月に発売された「EOS M3」の後継機で、映像エンジンDIGIC 7と約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載。M3に比べて高感度撮影時のノイズ耐性と解像感、被写体の追尾・検出性能が向上しているという。

動画機能は1080/60pのMP4記録に対応。キヤノン独自の「デュアルピクセルCMOS AF」を採用し、AF専用画素ではなく全画素で撮像と位相差AFの両方を行うことにより高精度なAFを実現する。その効果は静止画だけでなく動画でも有効で、ムービー撮影中の滑らかなAFやスムーズな被写体捕捉、撮影中のタッチフォーカスなどが可能だ。

また、撮影に集中できるデザインと操作性を追求するため、露出補正ダイヤル部分を2段に変更してサブ電子ダイヤルを追加。よく使用する設定項目をメインダイヤル/サブ電子ダイヤル/コントローラーホイールなどに割り当てることができるようになった。グリップ部も形状を見直してホールド性を高めている。

EOS M3ではWi-Fi機能を搭載していたが、EOS M6は新たにBluetooth接続にも対応。電源レバーをONにしておけばカメラとペアリング済のモバイル端末に自動で接続するため、カメラをカバンの中に入れたままスマートフォン等から画像の確認や転送などを行える。さらにスマホ・タブレット用のアプリ「Camera Connect」はユーザーインターフェイスが新しくなり、より操作性が向上した。

そのほか、自分撮りやローアングル撮影に役立つチルト式液晶モニター、対応レンズと組み合わせるとレンズ内手ブレ補正と合わせて補正効果を発揮する「コンビネーションIS」、タイムラプス動画機能、カメラ内RAW現像などを備えている。

EOS M6と合わせて、アクセサリーの電子ビューファインダーも従来製品から約30%軽量した新モデル「EVF-DC2」を発売。パネルは有機ELで0.39型約236万ドット。価格は25,000円。カメラのボディカラーと合わせてブラックとシルバーの2色があり、EOS M6と組み合わせたお得なセットも数量限定で販売される。

●製品ページ
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/m6/index.html