紛らわしいGH5のキットレンズ


それにしてもGH5関連のページへのアクセスが多すぎて、少々戸惑い気味です。

GH5を予約しようとする人にとって、ちょっと紛らわしいことがあるので、ここで書いておきますと、GH5が発表されたときに同時に発表されたLEICA DGの12-60mmのズームレンズがありますが、これはGH5のキットレンズではありません。キットレンズも12-60なので紛らわしいのですが、そっちはLUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.(H-FS12060)で、

同時に発表されたLEICA DGズームはLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.Sですので、価格は倍くらい違います。

下の写真、GH5に装着されているのがキットレンズで、左がLEICAズームです。明るさは1段くらい違っていて、何よりも外装の質感がまったく違います。

LEICA DG VARIO-ELMARITを手にすると、ひんやりした金属の質感とズシリとして重みがあって、どうしてもこちらが欲しくなってしまいます。

で、手持ちのGX7MK2に装着してみると、やっぱりレンズがデカイ。ソニーα6300にツァイスのズームとそんなに変わらないことになってしまって悩ましいところです。