シャープのUHD BD対応レコーダー「AQUOSブルーレイ UTシリーズ」がTiVoのGガイド HTMLを採用


シャープは家電メーカーとして初めて、3月24日に国内で発売予定のBDレコーダー「AQUOSブルーレイ UTシリーズ」の標準番組表にTiVoの「Gガイド HTML」を採用したと発表した。

「Gガイド HTML」はアメリカのカリフォルニア州に本社を置くTiVo Corporationの電子番組表技術で、ブラウザーベースのすっきりとしたインターフェイスとデザインで高度な番組検索を行えるのが特徴。出演者の写真など多数の画像も表示でき、「six-degrees」ディスカバリー機能により視聴者の好みに合わせたコンテンツの検索・表示にも対応する。また、レコーダーを4Kテレビに接続すれば番組表自体も4K表示可能。小さな文字サイズでも読みやすいように高精細なフォントを使用している。

▲4Kビジュアル番組表

▲裏番組表

▲人名検索

TiVo社のユーザーエクスペリエンス担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのマイケル・ホーキー(Michael Hawkey)氏は次のように述べる。「家電メーカーとして初となるシャープのGガイド HTML採用は、膨大なコンテンツが溢れるメディア環境の中で、コンシューマーの期待以上のエンターテインメント体験を提供するTiVoのコミットメントを示しています。シャープのブルーレイディスクレコーダーにGガイド HTMLが搭載されたことで、コンシューマーがお気に入りのコンテンツを簡単に検索し、楽しめるようになります」

「AQUOSブルーレイ UTシリーズ」は次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応したBDレコーダーで、BD-UT3100(3TB)、BD-UT2100(2TB)、BD-UT1100(1TB)の3機種をラインナップする。

●シャープアクオスブルーレイ製品ページ
http://www.sharp.co.jp/bd/