キヤノン、COMPACT-SERVO望遠レンズ CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S を発売


キヤノンは、動画撮影に適した幅広い焦点距離70~200mm(※1)と高い操作性を実現し、4KおよびHDカメラに対応する光学性能を備えたCOMPACT-SERVO(コンパクト サーボ)レンズシリーズ(※2)の新製品 CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S を2017年10月上旬より発売する。価格はオープン価格。

EFシネマレンズのCOMPACT-SERVOレンズシリーズの望遠モデルで、EFマウントを採用し、スーパー35mm相当のセンサーを搭載した4K / HDカメラに対応。70~200mmの幅広い焦点距離と、COMPACT-SERVOレンズの特長である小型・軽量(※3)な筐体に加え、電動操作によるズーミングなど、多様な動画撮影に対応した操作性を兼ね備えているため、快適なワンマンオペレーションも可能だ。ドキュメンタリー制作や報道現場での撮影、スポーツやネイチャーの遠方撮影など、さまざまな撮影現場で映像表現領域の拡大に貢献する。

※1 35mmフルサイズ換算で107~307mm相当。
※2 キヤノンのEFシネマレンズのうち、小型・軽量で優れた操作性・運用性を持つスーパー35mm相当サイズのセンサーを搭載したカメラに対応するレンズシリーズ。
※3 本体の大きさは約93.4(幅)×107.2(高さ)×182.3(長さ)mm、質量は約1.25kg。

本製品は、2017年4月24日(月)から27日(木)まで米国ラスベガスで開催される放送・映像制作機器の展示会「NAB SHOW」のキヤノンブースにおいて展示されている。

製品詳細
http://cweb.canon.jp/cinema-eos/lineup/ef-cinemalens/cn-e70-200t44/index.html