DaVinci Resolve 12 カラーグレーディング入門 1


【目次】
①素材の取り込み、編集、グレーディング、出力までの基本操作をマスターする
②メディア~素材の取り込み~
③カラー〜 プライマリ・カラーコレクション〜
④プライマリ・カラーコレクションで使うその他のツール
⑤セカンダリーでのカラーグレーディング編
⑥セカンダリーでのカラーグレーディング編(続き)
⑦パワーウィンドウ・ベース、カラーベース、スタビライズ、サイジング
⑧ノンリニア編集ソフトとの連携
⑨拡張された編集機能について
⑩拡張された編集機能について(続き)
⑪知っておくと便利な機能

 

レポート◎林和哉

◎この投稿は、ビデオサロンが制作したMOOK「Digital Cinema Camera 3~4K映像制作ワークフロー」(2015年)の中の記事をウェブ用に再構成してアップしたものです。したがってソフトウェアは12段階ものです(現在は12.5)。ちなみに本書は現在も販売中です。こちらからどうぞ。

※解説画面の作例は、『I love you,But.(仮)』より。プロデューサー:林 和哉、監督:アレクサンドル・モット、出演:坂元健児、柴田かよこ

Chapter1:素材の取り込み、編集、グレーディング、出力までの基本操作をマスターする

すでに市民権を得た感のあるDaVinci Resolve(ダヴィンチリゾルブ)。着々とバージョンがアップし、2015年夏に12にアップしました。とくに編集機能が拡充されて、これひとつで作品作りが完成しそうです。地味なところですが、ベースアーキテクチャも見直されたようで、いままでのDaVinci Resolveにくらべて、動きがとてもキビキビしています。また、ウインドウのレイアウトにも変更が加えられて、アクセスしたいパラメーターにすぐにアクセスでき、かつ要らないときは隠しておけて、スペースを有効活用! とても便利な感じです。

この項では、初めて触る人にもわかるように作業の順番を見ていく前半(Chapter1)、重要な機能を重点的にみていく後半(Chapter2以降)、という構成で進めていきます。

ちなみに、名前も変わりました。これまで「ダヴィンチ」であったLITEが無記名のDaVinci Resolveに。有償版のDaVinci ResolveがDaVinci Resolve Studioになりました。Studioという名称に、何でもこなせる一本にしていこうとする意気込みを感じます。それでは、その実際の操作を見ていくことにしましょう。

DaVinci Resolveで何ができるのか?

さて、具体的にDaVinci Resolveでは何ができるのでしょうか。ざっと思いつくままにリストアップしてみましょう。

  • ノンリニア編集アプリケーションからシーケンスデータを受け取って、DaVinci Resolveのタイムラインに並べることができる
  • DaVinci Resolve内でも編集することが可能
  • タイムラインに並んだクリップごとにベーストーンの色調整(プライマリ調整)。
  • さらに、一つのクリップをエリアに切り分けて、それぞれ個別に調整(セカンダリ調整)
  • 「顔だけ明るく」といった目的で登場人物の顔を自動的にトラッキングしたり、その他の狙った部分をトラッキングして、その部分だけ調整
  • 手ぶれのひどい映像も綺麗に抑えるスタビライズ
  • ノイズリダクション
  • メディアハブとして、DaVinci Resolveに取り込んだクリップをさまざまなフォーマットに変換
  • 調整済みのタイムラインを、ノンリニア編集アプリケーションに戻す
  • 調整済みのタイムラインを、完成品として出力

などなど。こうして列挙してみると、何だか難解そうですね。

ですが、実際にはそんなことはないのです。一度流れを覚えてしまえば、DaVinci Resolveは、どんどん自分で探求できる、間口の広いアプリケーションなのです。では、ぐるりと全体の流れを見ていきましょう。

カラーコレクションとカラーグレーディング

その前に、本稿では、賛否両論あるかと思いますが、カラーコレクションとカラーグレーディングの呼び方の違いを明確に使い分けていこうと思います。

「カラーコレクション」は、クリップごとのコントラストやホワイトバランスなどのばらつきを整え、ベースとなる画をつくる作業を指します。一般的には、この作業だけで完成、ということもきっとあるでしょう。

そこから先、クリエイターの感性のままに映像を調整することで、撮影時と見違えるほどのイメージを創り出す作業、演出意図を持った調整を「カラーグレーディング」または「演色」と呼びます。そのことを頭の隅に置いておいてもらって、進めていきたいと思います。

ユーザー管理画面

では、素材の取り込み、カラーコレクション、レンダリングまでの流れをザッと見ていきます。

DaVinci Resolveはマルチユーザーアプリケーションです。12から、シングルユーザー前提ですぐにオペレーションに入るモードができましたが、基本的にはユーザーを分けたほうが、なにかと良いと思います。

【1】DaVinci Resolveを起動した後、環境設定から「マルチユーザーのログインウインドウを表示」にチェックを入れます。何はともあれ、DaVinci Resolveと親しくするには、自分が誰それで、合い言葉は何か、を登録します。起動すると最初にユーザー管理画面が表示されます。

【2】「新規追加」をクリックします。すると「ユーザーセットアップを保存」ダイアログが表示されるので、「ユーザー名」「パスワード」「確定」を入力します。確定はパスワードの確認ですので、パスワードと同じものを入力、写真も登録できます。「ユーザーセットアップを保存」をクリックし、ユーザー登録を確定させます。ユーザー登録画面に登録されました。【3】登録したアイコンをダブルクリックして、ログインしましょう。

新規プロジェクト設定〜プロジェクトマネージャー

ログインが完了すると、プロジェクトごとにグレーディング作業を使い分けるためのプロジェクトマネージャーが表示されます。まずは左上の「Untitled Project」をクリックします。すると画面が切り替わり、DaVinci Resolveのスタートです。

プロジェクト設定〜Project Setting

通常のスタートではプロジェクトの設定がDefault Projectの設定になっているので、これから扱う素材や目的のフォーマットに合わせて調整する必要があります。そこで、これから調整するタイムラインフォーマットの設定を行います。

【1】右下にあるギアのマークをクリックしましょう。すると「プロジェクト設定」ウインドウが現れます。

左側にカテゴリーのメニューがあり、右側が詳細項目と調整になっています。

【2】「マスタープロジェクト」を選択します。そこには、大きく分けて

  • タイムラインフォーマット
  • ビデオモニタリング
  • コンフォームオプション

という3つの項目があります。今回は完成フォーマットをフルHD23.98fpsとして設定してみましょう。

  1. タイムラインフォーマットの、「解像度」を“1920×1080”にします。
  2. 「ピクセルアスペクト比」を“正方形”にチェック。
  3. ビデオモニタリングの、「ビデオフォーマット」を「HD 1080p 23.976」にします。

「再生フレームレート」「ビデオフォーマット」の組み合わせでタイムラインのフレームレートを調整することが必要であることを覚えておいてください。

【3】そして、ここでコマンド+Sキーを押し、プロジェクトを保存します。このときに、プロジェクト名を指定することができますので、まずは最初にセーブを行いましょう。

メディアストレージの設定

環境設定のメディアストレージ項目を設定します。

【Macの場合】DaVinci Resolveメニュー→環境設定、【Windowsの場合】編集→環境設定にあるメディアストレージメニューから、「”ライブラリ”で、マウントされたすべてのボリュームを表示」にチェックを入れます。

これまでのDaVinci Resolveでは一つ一つ登録していかなければいけませんでしたが、このチェックを入れておくことですべてのボリュームを自由に扱うことができます。

各ページの概要

Davinci Resolveでは、画面下部に並んでいるアイコンをクリックして、右へ順を追って作業していきます。以下の4つのページがあります。各ページはそれぞれ様子がガラッと違います。最初は戸惑うかもしれませんが、なれると実によく考えられたデザインだと実感することでしょう。

  1. メディア…素材の管理
  2. エディット…タイムラインの管理、編集
  3. カラー…カラーコレクション、カラーグレーディング
  4. デリバー…各種書き出し設定

DaVinci Resolveのラインナップについて(最新版は12.5.5)
DaVinci Resolve 12.5には無償版と有償版があり、それぞれMac、Windowsに対応している。
【DaVinci Resolve 12.5】
無償でダウンロード可能。プロ仕様の編集/カラーグレーディングシステムで、SD、HD、Ultra HDのプロジェクトを作成する個人ユーザーに最適。この無償バージョンは有償バージョンがサポートしているすべてのファイルフォーマットをサポートしており、全く同じイメージ品質での作業が可能。ほとんどの機能はこの無償版でカバーされている。
【DaVinci Resolve 12.5 Studio】
税別113,800円で発売。無償バージョンのすべての機能を搭載し、さらにマルチGPU、4K出力、モーションブラーエフェクト、時間的/空間的ノイズ除去、3Dステレオスコピックツール、リモートレンダリング、さらに複数ユーザーが同じタイムラインで同時に作業できるコラボレーションツールを搭載する。プロのスタジオや共同で作業を行うワークグループ向け。ダウンロードは以下より。
https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve

>次章へ続く

 

DaVinci Resolve 12 カラーグレーディング入門2メディア~素材の取り込み~