DaVinci Resolve 12 カラーグレーディング入門2メディア~素材の取り込み~


【目次】
①素材の取り込み、編集、グレーディング、出力までの基本操作をマスターする
②メディア~素材の取り込み~
③カラー〜 プライマリ・カラーコレクション〜
④プライマリ・カラーコレクションで使うその他のツール
⑤セカンダリーでのカラーグレーディング編
⑥セカンダリーでのカラーグレーディング編(続き)
⑦パワーウィンドウ・ベース、カラーベース、スタビライズ、サイジング
⑧ノンリニア編集ソフトとの連携
⑨拡張された編集機能について
⑩拡張された編集機能について(続き)
⑪知っておくと便利な機能

 

レポート◎林和哉

◎この投稿は、ビデオサロンが制作したMOOK「Digital Cinema Camera 3~4K映像制作ワークフロー」(2015年)の中の記事をウェブ用に再構成してアップしたものです。したがってソフトウェアはバージョン12段階ものです(現在は12.5)。ちなみに本書は現在も販売中です。こちらからどうぞ。

1 .  メディア~素材の取り込み~

最初に表示されているのは、素材を管理する「メディア」ページです。画面は、以下のような構成になっています。

A:ライブラリー…PC内のデータを閲覧する場所

B:メディアプール…読み込んだ素材を管理する場所

C:ビューワー…メディアを再生する場所。メディアプールで素材をダブルクリックすることでロードされる。

D:オーディオ、メタデータ、キャプチャ…それぞれの文字をクリックしてハイライトにすることでオン・オフとなり、レイアウトが変わる。オーディオは、選ばれたクリップの音量や波形、メタデータは、埋め込まれたメタデータ、キャプチャは、ビデオテープからのキャプチャデバイスやフィルムスキャナーの情報を表示する。

【1】ここでは、左上にある「DR DATA」(例)というボリュームの「DaVinci Resolve Fundamental」フォルダの中から「ProRes」を読み込んでみます。

「DR DATA」をダブルクリックすると左側の三角形をしたコラプスマークが開きます。

【2】「DaVinci Resolve Fundamental」の中を見ます。 右側のプレビューエリアにいくつかのフォルダがあるのが分かります。「ProRes」というフォルダを選んで右クリック。

【3】コンテクストメニューから、「フォルダーをメディアプールに追加」をクリックします。

そうすると、メディアプールに素材が取り込まれ……ません。

【4】「ProRes」というフォルダをダブルクリックすると、さらにフォルダが入っています。「I Love You, But」と「Suicide」の2つです。このオプションは、フォルダの直下にあるファイルをメディアプールに取り込むオプションだったのです。

【5】では、再度「ProRes」フォルダを右クリックし、「サブフォルダーを含むフォルダーの内容をメディアプールに追加(ビンを作成)」をクリックしてみます。

【6】無事にメディアプールにクリップが取り込まれました。このオプションはフォルダの直下にあるファイルの他、その中にあるサブフォルダ内のファイルも同時に取り込み、フォルダ構造通りにビンを作ります。フォルダの中にさらにフォルダがあると読み込まれません。データがすでにきれいにフォルダ整理してある場合は、このオプションを利用すると良いでしょう。

最近のカメラは、大もとのフォルダの中に多数のフォルダや1クリップごとのフォルダを作成して、映像ファイルを保存します。一つ一つのフォルダをたどらずに一気に取り込みたいことが多いので、「フォルダーとサブフォルダーをメディアプールに追加」が便利です。

ライブラリのプレビューエリアや、メディアプールに登録されたクリップの上でポインタを動かしてみると、クリップをスキミングして再生確認ができます。

 

2 . エディット〜タイムラインの管理

画面下部のアイコンが並んだ中から、「エディット」アイコンをクリックします。全体の構成は以下のようになっています。

A:メディアプール、エフェクトライブラリ、編集インデックス…それぞれの項目は、ツールバーのスイッチのオンオフで切り替わる。

B:ソース&タイムラインビューワー、インスペクタ…インスペクタも同様に、スイッチオンオフで表示・非表示となる。

C:タイムライン

【1】メディアプール上で右クリック→「タイムライン」→「新規タイムラインを作成」を選び、表示されたウィンドウ内で、タイムライン名をたとえば「001」と名付けてタイムラインを作成します。

【2】開始タイムコードを設定することも可能です。「タイムラインを空にする」のチェックボックスを外すと、メディアプールに登録されている素材がすべてタイムラインに並びます。素材を変換する目的の時は、これを使うといいでしょう。【3】メディアプールからいくつかのクリップをドラッグしてタイムラインビューワーにドロップしてみます。

【4】タイムラインに選択した順にカットが並びます。ひとまずこのままにして、先に進みましょう。

>次章へ続く