DaVinci Resolve 12 カラーグレーディング入門3カラー〜 プライマリ・カラーコレクション〜


【目次】
①素材の取り込み、編集、グレーディング、出力までの基本操作をマスターする
②メディア~素材の取り込み~
③カラー〜 プライマリ・カラーコレクション〜
④プライマリ・カラーコレクションで使うその他のツール
⑤セカンダリーでのカラーグレーディング編
⑥セカンダリーでのカラーグレーディング編(続き)
⑦パワーウィンドウ・ベース、カラーベース、スタビライズ、サイジング
⑧ノンリニア編集ソフトとの連携
⑨拡張された編集機能について
⑩拡張された編集機能について(続き)
⑪知っておくと便利な機能

 

レポート◎林和哉

◎この投稿は、ビデオサロンが制作したMOOK「Digital Cinema Camera 3~4K映像制作ワークフロー」(2015年)の中の記事をウェブ用に再構成してアップしたものです。したがってソフトウェアはバージョン12段階ものです(現在は12.5)。ちなみに本書は現在も販売中です。こちらからどうぞ。

3 . カラー〜 プライマリ・カラーコレクション〜

いよいよ、クリップのカラーを調整する段階にやってきました。画面下部のアイコンが並んだ中から、「カラー」アイコンをクリックします。カラーページ画面になると、ガラッと様相が変わると思います。

カラーページ各部

A:ギャラリー、メモリー
参照したいクリップのフレームをストックしたり(ギャラリー)、クリップに施したグレーディング情報を再利用するために保存したり(メモリー)したものを管理する場所。ギャラリーと書いてある文字をクリックすることで表示・非表示できる。また、ギャラリーがオンの状態で、メモリーのアイコンをクリックすることでメモリーを表示・非表示できる。

B:ビューワー
クリップを再生して見る場所。

C:ノードエディターOpenFX、LightBox
ノードエディター…クリップに対して組み合わせて施す処理を管理する場所
OpenFX…サードパーティー製のエフェクトプラグインを管理・調整。
LightBox…クリップのサムネイルを時系列にタイル上に並べてくれます。全体を俯瞰で見たいときに重宝します。

D:タイムライン
シーケンスを移動したり、全体を把握するところ。

E:レフトパレット
クリップのベーストーンを整えるツール。

F:センターパレット
クリップの特定の位置を指定して調整したり、手ぶれを抑えたり、高度な「セカンダリ」処理を担当する場所。

G:キーフレームエディター、スコープ、インフォメーション(ライトパレット)
施した処理の各バラメータをアニメーションすることが可能です。ここでは、ノードごとのアニメーション管理、タイムライン全体に関わるアニメーション管理の両方を担当します。上部のボタンの切り替えで、スコープ、インフォメーションが切り替わります。

タイムラインの移動

さて、パッと見てみると、タイムラインに2つのクリップがのっています。各クリップの長さに関係なく、1アイコン1クリップです。まずは、最初のクリップにアクティブを示すハイライトが表示されているのが分かるでしょう。

まずは操作に慣れるために、クリップ間の移動をしてみましょう。その方法はいくつかあります。

  1. タイムラインのタイムラインルーラーをドラッグすると、連動してモニタ内の映像が動き、アイコンをまたぐと次のアイコンがアクティブになってハイライトします※。
  2. アイコンを直接クリックすると、そのクリップの頭にタイムラインルーラーが移動し、ハイライトします。

※長いタイムラインの場合、これでポジションを変えるとひじょうに難渋するときがあります。その時は、「タイムライン上でマウスのホイールを回す」と、タイムラインの縮尺が変わります。

スコープの表示

ここでは、プライマリ・カラーコレクションを行いましょう。プライマリでは、コントラスト、ホワイトバランスを調整し、ショット間のばらつきを整え、ベースをつくることが目的です。

まずは、クリップのコンディションを見てみましょう。下のクリップをウェーブフォームで見ると、このカット、随分と狭い範囲に波形が集まっています。ローは浮き上がり、ミッドトーン、ハイは随分と沈んでいます。こういった波形が、コントラストが低い画の特徴です。

【1】モニタの上で右クリックし、表示されたメニューの中なら「スコープを表示」を選択、スコープを出します。

【2】右上のアイコンで「1UP」「2UP」「4UP」と選ぶことができます(下は4UPの表示)。【3】また、ライトパレット部分でスコープボタン(赤く囲んだ部分)を押すと、ウィンドウフレームに組み込まれた形でスコープを見ることができます。他と重ならず、一定の位置にあるので、使い勝手も良い新しいオプションです。スコープ名が表示してあるリストメニューから、望むスコープに切り替えることができます。

プライマリ・カラーコレクションの流れ

はじめにShadow(シャドー)を可能な限り絞り、Highlight(ハイライト)を可能な限り上げることで、最大限のコントラストを作ります。一般的には、コントラストをきれいに調整していない画は精彩感に欠け、いわゆる「眠たい」画になってしまいます。

ベースとなる画をつくるためにも、まずコントラストを一番に調整する「Contrast is First」の思想で作業していきます。もちろん作品によっては狙いがあってコントラストを弱くしている場合もあるので、最終的にはクリエイターの判断になります。

カラーホイール

レフトパレットを見てみると、わりとよく見る3つのカラフルな円が並んでいます。これが「プライマリーホイール」です。

もしも3つの円が見えていなかったら、テキストの書いてあるプルダウンメニューから「プライマリーホイール」を選択します。この円のことを「カラーバランスコントロール」(A)といいます。これは、色相を調整するツールです。

左から、リフト、ガンマ、ゲインとなっていて、それぞれクリップの対応した輝度領域に対して作用します。リフトが暗いところ、ガンマが中間の明るさのところ、ゲインが明るいところ、に働きかけるわけですね。

カラー バランスコントロールの下にあるホイールを「マスターホイール」(B)といいます。このホイールがルミナンス(輝度)を調整するようになっています。まずは適当にいじってみると、なんとなくこのパネルの作用の仕方がわかってくると思います。

何をやっても素材が壊れるわけではありません。体当たりで挑みましょう。グリグリ動かしてみてください。

ブラックポイントの設定

さて、実際の作業をしてみましょう。

リフトのマスターホイールを左にドラッグしていくと、ブラックポイントが下がり、画の黒がどんどん締まっていくので、スコープウィンドウ左上の波形を見ながら一番下のライン、0%に近づけていきます。これだけでも、映像がシャープになりますね。

ホワイトポイントの設定

同じように、今度はガンマのマスターホイールをドラッグし、なるべく最大限に一番上のライン100%に近づくようにホワイトポイントを調整します。

すると、それに釣られてローが上がってきてしまうので、さらにリフトを下げて、うまくバランスを取ります。ウェーブフォームを見てみると、最大限にコントラストが拡張され、実際に画を見るとクッキリした画になったのがわかると思います。

この素材の場合、ゲインをコントロールしてもほぼ変化が出ません。ゲインが作用する範囲に波形が分布していない(=情報がない)ためです。その視点で見てみると、波形からは中間域に沢山の信号があるということが分かりますね。

この、「作用する場所を波形から読み取る力」はひじょうに重要ですので、覚えておいてください。

ホワイトバランスの修正

さて、コントラストがハッキリすると、全体のカラートーンもハッキリすると思います。

例えば下の作例カットは全体的に緑がかっています。タングステンの暖かい灯りがイメージに近いのですが、蛍光灯寄りの緑の灯りに見えてしまいます。こうした問題は、往々にしてカクテル光線であったり、撮影時にホワイトバランスの設定が適切でなかったことが原因です。そこで、ホワイトバランスの修正を行いましょう。

ベクトルスコープ内のナナメに出ている線は「スキントーンインジケーター」といって、白色有色人種を問わず、肌色をこの方向に揃えると違和感がない基準ですよ、と教えてくれるものです。

ここに肌色だと思われる信号部分を合わせていけば、人間の目のコンディションのバランスに左右されない正確なバランスを取ることができるというわけなのです。このベクタースコープを見ながら、ブラックポイント、ホワイトポイントの調整では使わなかった「カラーバランスコントロール」を使用し、ホワイトバランスの修正を行いました。ベクタースコープを使用してホワイトバランスの修正を行うと、効率が良くなるのもご理解いただけると思います。

【1】スコープを「ベクトルスコープ」に切り替えてみましょう。

【2】さらに、プルダウンメニューから「グリッドを表示」「スキントーンインジケーター」にチェックを入れます。これで、色の分布バランスがどの色相に偏っているのかを見ることができるようになります。グリーンの方向に白い信号の塊が偏っているのがわかりますね。 【3】オフセットのカラーバランスコントロールの中央にある白い円をドラッグします。ベクトルスコープ内の信号がグリグリと動くのが分かるでしょう。その信号をスキントーンインジケーターに沿わせるようにし、白い塊を中心に持っていくようにします。

【4】結果は、完全なノーマル状態になりました。白は白であり、暖色もなく、緑がかってもいません。 こうした完全ノーマル状態が必要なジャンルもありますが、今回は、少し暖色に持って行きましょう。

【5】スキントーンインジケーターにそって、白の塊をさらに外周に向かって調整します。 あくまで修正なので、あまり外周近くまで持って行かないようにしましょう。外周に近くなればなるほど、その色相の色が強く映像に乗っていきます。

 

4 . レンダリングファイルの作成

基本の色調整ができたということで、次はこれをレンダリングして書き出そう、という段階になります。画面下部の「デリバー」ボタンを押して、「デリバー」ページへ移動しましょう。

「レンダー設定」を上から順に設定していくことで、目的のレンダリングファイルを作成することができます。ここでは、できあがったタイムラインをファイルベースで一本に書き出す設定を行なってみましょう。

A:レンダー設定…レンダリング設定を行うところ

B:ビューワー…実際にレンダリングする画を確認するところ

C:レンダーキュー…レンダリングのタスクを管理するところ

D:タイムライン…レンダリングするタイムライン上の移動やレンダリング範囲を指定するところ

【1】「ビデオフォーマット」のプルダウンメニューをクリックして “QuickTime”を選びます。【2】「コーデック」をクリックして“H.264”にします。

【3】「タイムラインのレンダー」で “シングルクリップ”をチェックします。これは、タイムラインにあるクリップすべてを1クリップとしてレンダリングするという設定です。

【4】「オーディオの書き出し」にチェックを入れましょう。

【5】ファイルカテゴリの「ブラウズ」ボタンをクリックして、書き出す場所を選択します。

【6】ここまでを設定したら、「レンダーキューに追加」をクリックして、これまでの設定を「レンダーキュー」に追加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【7】タイムラインのタイムコード部分を右クリックし、コンテクストメニューから「すべてを選択」を選択します。

【8】「レンダーキュー」にある「レンダー開始」ボタンをクリックします。これで、指定したフォルダにカラーコレクションを施したクリップが作成されます。

 

 

 

ここまでで、DaVinci Resolveの一連の流れをざっと見てきました。流れを見るためにテーマを絞っていますので、たくさんのことを素通りしてきています。

次章からは、セカンダリとしてカラーグレーディングを行いながら、DaVinci Resolveの他の機能の説明をしていきます。その多機能さと、あまりにも強力なツールの数々に、DaVinci Resolveがいかに業界標準アプリケーションとして確固としたポジションを獲得しているか、納得できると思いますよ。

DaVinci Resolve12から新しく生まれ変わった編集機能も実に強力です。エディットについても章を割いてご紹介します。

>次章へ続く