DaVinci Resolve 12 カラーグレーディング入門5セカンダリーでのカラーグレーディング編


【目次】
①素材の取り込み、編集、グレーディング、出力までの基本操作をマスターする
②メディア~素材の取り込み~
③カラー〜 プライマリ・カラーコレクション〜
④プライマリ・カラーコレクションで使うその他のツール
⑤セカンダリーでのカラーグレーディング編
⑥セカンダリーでのカラーグレーディング編(続き)
⑦パワーウィンドウ・ベース、カラーベース、スタビライズ、サイジング
⑧ノンリニア編集ソフトとの連携
⑨拡張された編集機能について
⑩拡張された編集機能について(続き)
⑪知っておくと便利な機能

 

レポート◎林和哉

◎この投稿は、ビデオサロンが制作したMOOK「Digital Cinema Camera 3~4K映像制作ワークフロー」(2015年)の中の記事をウェブ用に再構成してアップしたものです。したがってソフトウェアはバージョン12段階ものです(現在は12.5)。ちなみに本書は現在も販売中です。こちらからどうぞ。

Chapter 3:セカンダリーでのカラーグレーディング編

セカンダリで行うことは、カット中の特定の部位のみ調整を行なったり、全体的に独自のクリエイティブなトーンに調整したり、というものです。セカンダリは1回ではなく、1クリップに対してそのような目的を達成するために何回でも作業を重ねます。

ここからは、あとからリファレンスとして調べやすいように、なるべく作業順を追いながら、解説すべき点をまとめて解説してから、次項に進んでいきます。

ノードエディター<1>

DaVinciでは、その重ね作業に「ノード」というものを使います。上部右側、ノードエディターを見てみてください。「01」と書かれた四角いクリップのサムネイルがあります。これをノードといいます。基本的に、ノード1つに対して1処理としましょう。

1つのノードの中で、プライマリとセカンダリの1つを合わせて処理できますが、そうすると作業の見直しや管理が難しくなるので、「1ノード1アクション」としていきましょう。

「01」のノードではプライマリ処理を行なったので、新しいノード「02」を追加して、セカンダリを行いましょう。

一番上のメニューから「ノード→シリアルノードを追加」、またはキーボードの「オプション+S」を押します。すると、ノードが「01」の後ろにひとつ追加されます。これを繰り返すとノードを無制限で増やすことができます。最初のノードの処理を受けて、次のノードがそれに追加して調整して、その次がさらに、というふうに直線的に処理されていきます。

新しく追加されたノードをダブルクリックすると、そのノードのカラーが調整できます。ここで調整したいエリアを指定(限定)して、グレーディングを行います。

 

ノードの種類

「ノード追加」で追加できるノードにはもう2種類あり、それは「パラレルノード」と「レイヤーノード」といいます。これは、直線的に処理していくシリアルとは対照的に、平行で調整したものを混ぜ合わせる処理です。

パラレルノードは、結果を均等にミックスするもの。レイヤーモードは、重なり順を決めてミックスするものです。

●シリアルノードは、前のノードの結果に対して、さらに処理を加えます。

●パラレルノードは、平行に処理をして、最後にブレンドします。

●レイヤーノードは、平行に処理して、結果を重なり順によって積み上げていきます。ノード間の結果はブレンドされません。上下関係は、インプットの位置が下であるほど、結果として上に表れます。

調整のために限定した部分が重なり合った場合などに、その違いが顕著に表れますので、その特徴を活かした使い分けができるわけですね。覚えておきたいポイントです。

【パラレルノードの追加】

「ノード 」→ 「パラレルノードを追加」を実行。またはキーボードの「オプション+P」を押します。

【レイヤーノードの追加】

「ノード」 → 「レイヤーノードの追加」を実行。またはキーボードの「オプション+L」を押します。

ノードエディター<2>

ノードのあれこれ

【ノードのオンオフ】
ノードを選択して「コマンド+D」、またはノードの下にある数字をクリックすると、ノードに赤い×印が付いて無効になる。無効になっているノードに同様の操作をすると、有効になる。

【ノードの削除】
不要なノードは、選択して「DELETE」キーを押します。または右クリックから「Delete ノード」を選択します。

【リンクを接続する】


ノードの丸いところから接続したいノードの丸いところまでドラッグすると、線が引かれて接続します。

【リンクを切る】
ノードとノードをつなぐ線を右クリックすると「リンクを削除」と表示され、接続を切ることができます。

【ノードを変更する】
パラレルノードからレイヤーノード、または逆が可能です。ノードの上で右クリック→「レイヤーミキサーノードに変更」または「パラレルノードに変更」します。

【インプットを増やす】
パラレルノード、またはレイヤーノードのインプットを増やすには、ノードの上で右クリック→「Add One Input」とします。

【空のノードを増やす】
接続されていないノードを追加するには、ノードエディターの空いているところを右クリック→「ノードを追加」→「コレクター」とします。

クリップとトラック

ノードは、クリップにだけかかるものではなく、トラック全体にかけることもできます。

タイムラインすべてを仕上げた後、「ビネットをかける」「最後に全体的に青みをかける」「黒を絞る」などを行うことができます。

【1】ノードエディターの右上の「Clip」と表示しているプルダウンメニューから「Track」を選択します。

【2】ノードを追加して、調整します。

 

LUT(Lookup Table)

LUTは、Lookup Table(ルックアップテーブル)の略で、Logという階調を限りなく稼ぐために寝かしておいたガンマカーブに、逆位相のガンマカーブを当てて、コントラストの高い従来の画を取り戻すテンプレートのようなものです。

たとえばBMCC(Blackmagic Cinema Camera)の「BMD Film」(フィルムモード)には、DaVinciに専用のLUTが用意されていて、それを当てると簡単に「REC709」に適した階調になる、というものが内蔵されています。

そのほかの機種に対応したLUTも用意されており、ない場合は、登録することができます。

プロジェクト設定のカラーマネジメントタブの「LUTフォルダーを開く」で表示されるウインドウに、LUTをドラッグ&ドロップし(フォルダーごと入れるとフォルダーも反映される)、プロジェクト設定の「リストを更新」を押します。

LUTの適用

ノードの上で右クリック。「3D LUT」→「Black Magic Cinema Camera Film to Rec709」として適用します。

LUTの登録

メーカーサイトからダウンロードしたLUTや自分で作成したLUTは、プロジェクト設定のカラーマネージメントから、「LUTフォルダーを開く」で表示されたウィンドウに、LUT(.CUBEファイル)をドラッグ&ドロップし、「リストの更新」をクリックします。

>次章へ続く