Davinci Resolve 12 カラーグレーディング入門8 ノンリニア編集ソフトとの連携


レポート◎林和哉

◎この投稿は、ビデオサロンが制作したMOOK「Digital Cinema Camera 3~4K映像制作ワークフロー」(2015年)の中の記事をウェブ用に再構成してアップしたものです。したがってソフトウェアはバージョン12段階ものです(現在は12.5)。ちなみに本書は現在も販売中です。こちらからどうぞ。

Chapter 4:ノンリニア編集ソフトとの連携

ここでは、他のノンリニア編集アプリケーションからDaVinci Resolve12、またはその逆の連携について解説します。

ひじょうにオプションの多い場所なので、本稿の趣旨である初中級向け入門編としては、Premiere Pro CC、FCP Xなどで編集したシーケンスのXMLを使用する、一番シンプルな方法を解説します。

業務レベルの部分は、ここを足がかりに、英文マニュアルを紐解いてみてください。

ノンリニア編集アプリケーションからDaVinci Resolve12

作業に入る前に、Premiere Pro CC、FCP Xから、編集済みのシーケンスをXMLで書き出しておきます。

【1】メディアプールにソースファイルをすべて登録します。

【2】ファイルメニューから「AAF、EDL、XMLの読み込み」を選び、保存したXMLをインポートします。

【3】ダイアログウインドウが表示されます。初期値のままOKを押します。

【4】ノンリニアアプリケーションから送られたシーケンス名が「ビン」に登録されます。あとは、これまで見てきたとおり、カラーページでカラコレ、カラーグレーディングを行います。

 

DaVinci Resolve12からノンリニア編集アプリケーション

カラーコレクション、カラーグレーディングが終わったら、その結果をノンリニア編集アプリケーションに戻します。

【1】デリバーページに移動します。

 

 

【2】「タイムラインのレンダー」を「個別のクリップ」にします。

【3】書き出し先を設定します。

【4】レンダリングします。

【5】エディットページへ移動します。

 

 

6】タイムラインのレンダリングしたタイムラインを選択。「ファイル」→「AAF、XMLの書き出し」を選び、XMLを保存します。

【7】ノンリニア編集アプリケーションでXMLを読み込みます。