EIZO、HDR映像制作用の31.1型リファレンスモニターを発売


EIZOは、映像制作市場向けにHDR表示に対応したリファレンスモニター ColorEdge PROMINENCE(プロミネンス)CG3145 を2017年12月に発売する。

CG3145は、HDR映像の制作工程において最終色調整(カラーグレーディング作業)に使用する、EIZO初のHDRリファレンスモニター。HDR映像コンテンツの色調整・評価用モニターに求められる、高輝度、高コントラスト比および入出力特性(ガンマ)に対応した。

具体的には、1000 cd/m2(※1)の高輝度や、液晶モニターでは世界初(※2)の100万:1(※1)の高コントラスト比を実現している。またHDRの入出力特性である「PQ方式」と、「Hybrid Log Gamma(ハイブリッドログガンマ)方式」の両方に対応している。

※1 標準値。保証値ではない。
※2 製品としての液晶モニターにおいて。2017年4月現在、EIZO調べ。

製品詳細
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg3145/index.html

 

<展示会情報>
米国で開催される世界最大の映像放送機器展「NAB Show 2017」と、国内の映像放送業界向けイベント「After NAB Show 2017」にブースを出展し、CG3145を初展示する。
【NAB Show 2017】2017年4月24日~27日 米国 ラスベガス
【After NAB Show Osaka】2017年5月30日 大阪・グランフロント大阪
【After NAB Show Tokyo】2017年6月1日~2日 東京・秋葉原「UDX」

 

お問い合わせ
EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課
TEL:03-5764-3401
FAX:03-5764-3420