パナソニック、非圧縮4K出力対応の業務用360度ライブカメラを8月に発売


パナソニックは、360度映像を非圧縮4K/30pで出力可能な360度ライブカメラ(カメラヘッド/ベースユニット)を2017年8月より発売する。

4系統のカメラ映像をスティッチング(接合)し、2:1正距円筒図法形式(※)の360度映像を生成する。スタジアムでのスポーツ中継やイベント、コンサートのライブ配信など、さまざまなシーンに臨場感を与える。

4K(3840×1920)出力により、その場所にいるかのような没入感のある高画質映像を実現。また高い操作性を兼ね備え、外部にPCを接続することなく4系統のカメラ映像の露出・ホワイトバランスを撮影環境に合わせて自動制御し、常に自然な映像を生成する。さらにスティッチング時に接合部の被写体を自動検出し、スティッチング位置を常時変更する高精度な「リアルタイム動的スティッチング機能」を搭載。継ぎ目がわからない映像を生成することができる。

4K/30pの高精細な360度映像は低遅延で接合・生成されるため、リアルタイムな映像配信が可能。また、離れた場所のパソコンやiPadなどのタブレット端末からLAN経由によるモニタリング、カメラ制御が行え、即時性のある4K制作ワークフローを実現する。設置や撤収が簡単でありながらケーブルの誤抜防止機能なども搭載し、失敗の許されないライブ放送で映像制作者の要求に応えられる高い信頼性を確保している。

本製品は、2017年4月24日(月)から27日(木)までアメリカ・ラスベガスで開催される「NAB Show」に出展される。

システム名:360度ライブカメラ
品名(品番)
360度ライブカメラヘッド(AW-360C10)、360度ライブカメラベースユニット(AW-360B10)
メーカー希望小売価格:オープン価格
発売時期:2017年8月

主な特長
・非圧縮4K/30p出力【2:1正距円筒図法(Equirectangular)(※)形式】対応
・高精度リアルタイム動的スティッチング機能を搭載
・低遅延で4K/30pのライブ映像を生成可能

※地球を例とした場合、緯度と経度を軸として表現した2次元の画像のこと