ソニー、超短焦点4K HDRプロジェクター登場


ソニーから、迫力ある大画面&高画質な映像を楽しめる新型 4K超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』 が登場する。

超単焦点なので、投影する壁等から近いところに設置できるのが特徴で、壁際の至近距離(約16㎝)から100インチ、最大120インチ(約26㎝離した場合)の4K映像を投写できる。

 

リビング空間などのインテリアにも調和しやすいシンプルなデザインで設置性にも優れており、チェストやリビングボードの上に置いて使用できる。
また、高精細な4K映像に加えて、ソニーの超短焦点ホームシアタープロジェクターとして初めてHDR映像の表示にも対応。

レーザー光源システムZ-Phosphor™と高い光の利用効率を誇る4K液晶ディスプレイデバイス4K SXRD™(Silicon X-talReflective Display)を採用することで、2,500ルーメンの高輝度・高コントラストで迫力ある4K HDR映像を再現する。

 

光源にレーザー光源(Z-Phosphor)を採用することで、ランプ(光源)交換は約20,000時間不要。また、4K入力に対応するためのHDCP2.2対応HDMI入力端子を4系統装備。

 

『VPL-VZ1000』  220万円   4月22日発売
投影方式 :3SXRDパネル・3原色液晶投写方式
パネル:ソニー製0.74型4K SXRD、26,542,080画素(8,847,360×3)
(ハイフレームレート対応)
レンズ:超短焦点レンズ(微調整用:約1.02倍電動ズーム)
投写サイズ:80~120型(対角・17:9)
光源:レーザーダイオード
主な対応信号:480/60p、576/50p、720/60p、720/50p、1080/60i、1080/50i、1080/60p、1080/50p、1080/24p、
3840 × 2160/24p、3840 × 2160/25p、3840 × 2160/30p、3840 ×2160/50p、3840 × 2160/60p、4096 × 2160/24p、4096 × 2160/25p、4096 × 2160/30p、4096 × 2160/50p、4096 × 2160/60p
消費電力:最大:約435W
外形寸法:幅92.5×高さ21.85×奥行き49.38㎝
質量:約35㎏

 

●製品URL

http://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VZ1000/

●問:ソニー買い物相談窓口 0120-777-886