ウルトラ・ミュージック・フェスティバルのライブ放送、URSA Mini Pro および URSA Mini 4.6K を使用して撮影


ブラックマジックデザインは、URSA Mini 4.6K および URSA Mini Pro カメラが今年のウルトラ・ミュージック・フェスティバル(UMF)の YouTube でのストリーミング用プロダクションに使用されたことを発表した。同フェスティバル史上初めて、メインステージのDJ達が4Kで撮影・放送された。

UMFは、マイアミで開催される世界屈指のエレクトロニック・ダンスミュージック(EDM)の祭典。観客はEDMのトップスターのパフォーマンスを満喫し、750万人がオンラインでフェスティバルの興奮と熱気を味わった。Ultra Live のストリーミングは UMF TV で配信され、制作は NOMOBO が担当した。

YouTube でのストリーミングは、インタビュー、舞台裏フッテージ、グラフィックで構成され、さらにSNSとリンクされた。「これにより、UMF はSNS上で4200万回以上言及され、EDMイベント史上最多のツイート数となった」と NOMOBO のコンスタンテイン・バン・デューレン(Constantijn van Duren)氏は語る。「メインステージのパフォーマンスはすべて4Kで撮影され、翌日に YouTube でストリーミング可能となった。」

NOMOBO のフェスティバル用のフライパックは Blackmagic Design ATEM 1 M/E および 2M/E Production Studio 4K スイッチャー、4K 対応の Smart Videohub ルーター、HyperDeckStudio Pro レコーダー、SmartScope Duo、SmartView 4K モニターで構成。また、マイアミでの UMF に備え、NOMOBO は URSA Mini 4.6K PL および URSA Mini Pro を選んだ。「URSA Mini 4.6K PL と共に URSA Studio Viewfinder を Ultra Live のスタジオのセットアップに使用し、新しい URSA Mini Pro を使って2組のENGチームがインタビューや舞台裏リポートを撮影した。」(バン・デューレン氏)

12Gの SMPTE ファイバーシステムを使用して URSA Mini の 6G-SDI 出力を NOMOBO のコントロールルームとマスターコントロールルームに送信し、ライブスイッチングと収録を行った。また、同じファイバーシステムが ATEM カメラコントロール、トークバック、タリーのリターンフィードの送信に使われた。「URSA Mini Pro を ATEM に接続したことでカメラ、タリー、通信が瞬時にコントロールでき、カメラマンがライブストリーミングの監督とコミュニケーションが取れた。」とバン・デューレン氏は続けた。

ショルダーマウントでも、サイドグリップを使った速攻での撮影でもフェスティバルでの撮影のような難しい状況に対応できるオプションがある点が気に入っているという。「URSA Mini Pro に ND フィルターが内蔵され、明るい昼間から夜間の撮影まで、あらゆる照明条件で舞台の裏表を捉えることができた。」

とりわけ URSA Mini シリーズの美しい画像をバン・デューレン氏は評価する。「URSA Mini を選んだことでレンズの選択肢が広がった。URSA Mini は4.6Kでライブ放送を撮影できる点で優れたカメラ。クライアントに最高品質のイメージを提供でき、ライブイベントでも使用できる。さらに、タリー、通信、カメラコントロール搭載なので,柔軟なワークフローが構築できる。」

NOMOBO
世界トップレベルのライブイベント放送の制作・キャプチャー・配信会社。音楽、スポーツ、ブランドアクティベーションを専門分野とする。NOMOBO の専門知識は、SNS、デジタルメディア、従来型の配信に対する包括的なアプローチとの相乗効果で大きな結果を残している。アムステルダムとNYを本拠地とする NOMOBO は22ヶ国でイベントの撮影に携わり、昨年の同社のコンテンツの視聴回数は20億回以上。