パナソニック、ビエラ E300シリーズ 3機種を発売


パナソニックは、ダブルチューナー搭載で、USBハードディスク(※1)に裏番組録画ができる液晶テレビ「ビエラ」E300シリーズ3機種(49V型、43V型、32V型)を6月16日より発売する。

住環境やライフスタイルの多様化に伴う視聴スタイルの変化により、「家族がそれぞれの部屋で好きな番組を見たい」「リビングのレコーダーなどに録画した番組を自分の部屋で見たい」といったニーズが高まっている。本シリーズは、別売のUSBハードディスク(※1)に録画した番組を簡単に楽しむことができる。加えて2チューナー内蔵なので、裏番組録画にも対応。「お部屋ジャンプリンク機能(※2)」にも対応し、別の部屋のディーガやビエラ(サーバー機能搭載)に接続したUSBハードディスク(※1)に録画した番組も簡単に楽しむことができる。

また、視野角が広く斜めから見てもキレイな「IPS液晶パネル」を搭載している。

<特長>

●ダブルチューナー搭載で、USBハードディスク(※1)に裏番組の録画ができる
●「お部屋ジャンプリンク(※2)」対応で別室のディーガなどに録画した番組を楽しめる
●視野角が広く斜めから見てもキレイなIPS液晶パネルを搭載

※1:対応ハードディスク等の詳細はウェブサイト参照。
※2:お部屋ジャンプリンク各機能の対象機種についてはウェブサイト参照。ホームネットワーク(LAN)接続と設定が必要。

 

お問い合わせ先
お客様ご相談センター(受付9時から20時)
フリーダイヤル 0120-878-365