サードウェーブデジノス、EDIUS Pro 8をプリインストールした「raytrek-V for EDIUS」を刷新


*ディスプレイは別売り

サードウェーブデジノスでは2017年5月29日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」から、ビデオ編集ソフト「EDIUS Pro 8」をプリインストールしたモデル「raytrek-V for EDIUS」のCPUを最新の第7世代インテルCoreプロセッサー「Kaby Lake」に刷新。全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売開始した。

モデル構成は従来通りで、クイックシンクビデオ機能を利用しながら効率的に編集できる「raytrek-V for EDIUS LK」と、NVIDIA Pascalアーキテクチャーに更新されたNVIDIA Quadro P600を搭載し、多様な編集ワークフローに対応する「raytrek-V for EDIUS LC」の2ラインナップ。どちらも最新の第7世代インテルCore i7-7700プロセッサーを搭載する。

【価格と主な仕様】

raytrek-V for EDIUS LK
¥279,980
Core i7-7700/インテル HDグラフィックス630/16GBメモリー/1TB SSD/2TB HDD/ブルーレイドライブ/Windows 10 Pro/EDIUS Pro 8
製品紹介ページ●http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/4/316/6980/0/

raytrek-V for EDIUS LC
¥309,980
Core i7-7700K/Quadro P600 2GB/16GBメモリー/1TB SSD/3TB HDD/ブルーレイドライブ/Windows 10 Pro/EDIUS Pro 8
製品紹介ページ●http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/4/316/6979/0/