ソニー、初のUltra HD ブルーレイプレーヤー発売


ソニーは、4K解像度に加え、映像本来の明るさ、コントラスト、鮮やかな色を再現するHDR(※)信号に対応した新しい高画質メディア規格「Ultra HD Blu-ray™」の再生が可能なUltra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー『UBP-X800』を発売する。最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」や「DTS:X™(ディーティーエス エックス)」で収録したコンテンツの再生も、対応AVアンプと組み合わせることで、4K HDRの美しい映像とともに、シアターのような臨場感あふれる音環境で視聴を楽しめる。

新たに開発したディスクドライブや高剛性シャーシ構造など、音質に影響する振動を極限まで抑えるパーツ設計により、より高品位なハイレゾリューション音源再生を可能にした。SA-CD、DVD Audioなどのディスクメディアに加え、DSD 11.2MHz、FLAC、WAV、ALACなどの多くのフォーマットにも対応し、より原音に近い臨場感ある音響を体感できる。

Ultra HD Blu-rayのタイトルのみでなく、NETFLIX や YouTube、Amazonビデオの4Kコンテンツのストリーミング視聴にも対応。4Kアップコンバート機能においては、新たにに60pのフレームレートのコンテンツまでアップコンバートが可能になった。これらの機能により、さまざまなコンテンツを4Kテレビと組み合わせて高画質で楽しめる。さらにHDR非対応の従来の4Kテレビなどで視聴するため、HDRのコンテンツをSDR(スタンダードダイナミックレンジ)レベルに変換する際、バランスの良いコントラストと自然な色調の再現が可能な、ソニー独自の高画質技術を新たに搭載した。

※ HDRとは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略。通常の放送などで使用されているSDR(スタンダードダイナミックレンジ)信号に比べ、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるようになる。

 

型 名:UBP-X800
発売日:6月24日
価 格:オープン価格(市場推定価格(税抜):45,000円前後)

主な特長
●次世代規格「Ultra HD Blu-ray」に対応
●ソニー独自の高音質技術で、より原音に近い音質を再現
●4K映像が楽しめるさまざまな高画質機能
・従来の4K テレビやプロジェクターでもHDRコンテンツの魅力を最大限に楽しめる新技術を搭載
・豊富なインターネット動画コンテンツなど、4K視聴機能の拡充
・MIMOおよびデュアルバンドに対応した無線LAN対応で、安定した無線通信
●その他便利機能
・音声信号専用のHDMI出力を搭載
・「Sony | Music Center」対応で、家のさまざまな場所でワイヤレスで音楽が楽しめる
・Bluetooth®技術対応で、ワイヤレスでも高音質再生

商品詳細
http://www.sony.jp/bd-player/

ソニーショールーム発売前先行展示情報
http://www.sony.jp/store/retail/exhibition/201705/170508b/index.html

 

お問い合わせ
ソニーマーケティング(株)買い物相談窓口
TEL:0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL:050-3754-9555(フリーダイヤルが利用できない場合)
受付時間:月~金 9:00~18:00,土日祝 9:00~17:00