アップル、Retina 5Kディスプレイ、最大18コアXeonプロセッサを搭載のiMac Pro を12月に発売


 

アップルは、新しいワークステーションクラスの製品ラインとなる iMac Pro を先行公開した。

iMac Pro は27インチRetina 5Kディスプレイ、最大18コアXeonプロセッサを搭載し、最大22テラフロップスのグラフィックス処理が可能な、これまでで最もパワフルなMacだ。新しくなったスペースグレイのボディに、高度なグラフィック編集、バーチャルリアリティのコンテンツ制作、リアルタイムの3Dレンダリングに対応できる性能を詰め込んだ。発売は12月、価格は4,999米ドルからとなる予定だ。(日本での予定価格は未発表。)

新しい iMac Pro に加え、最高レベルのハイエンドシステムを求めるプロ向けに、高いスループットをモジュラーデザインで提供できるよう再設計された次世代の Mac Pro も開発中だ。

「デベロッパやお客様に、iMac Pro をいち早くご紹介できることを大変嬉しく思う。iMac Pro は、これまでで最も高速で最もパワフルなMacであり、ワークステーションクラスの処理速度を実現する初めてのiMacだ。システム全体を再設計して完全に新しいサーマルアーキテクチャをデザインし、お客様に愛されているiMacの洗練された静音性の高いボディに詰め込んだ。iMac Pro は、これまで見たことがないようなものへと大きく前進している」(ジョン・ターナス=ハードウェアエンジニアリング担当バイスプレジデント)

ワークステーションクラスのパフォーマンスを実現

次世代Intel Xeonプロセッサを最大18コア搭載。負荷の高いプロの作業を処理できるよう設計されている。すべてがフラッシュのアーキテクチャと新しいサーマルデザインにより、冷却機能が最大で80パーセント向上。10億色をサポートする鮮やかな27インチRetina 5Kディスプレイを搭載。

これまでのMacで最も高度なグラフィックス

次世代コンピューティングコアと最大16GBのオンパッケージ高帯域幅メモリ(HBM2)を採用し、新しいRadeon Pro Vega GPUを搭載。最大で11テラフロップスという単精度の計算能力を発揮し、リアルタイムの3Dレンダリングや高フレームレートのVRを実現。さらに機械学習に最適な半精度の計算処理では最大で22テラフロップスのパフォーマンスを提供する。

高速ストレージと先進的なI/O

最大4TBのSSD、最大128GBのECCメモリをサポート。4つのThunderbolt 3ポートには、高性能RAIDアレイを最大2つ、5Kディスプレイを最大2台同時接続できる。Macで初めて10Gb Ethernetを搭載。

 

製品詳細
apple.com/jp/imac-pro