ゴールドクレスト・フィルム、フォーマット変換に Blackmagic Cintel Film Scanner を使用


Blackmagic Design の発表によると、ゴールドクレスト・ポスト(Goldcrest Post)がフィルムの修復プロジェクトに Blackmagic Cintel Film Scanner を使用した。ゴールドクレスト・フィルム(Goldcrest Films)の名作が Ultra HD 4K でスキャンされ、2K でリマスタリングされた。

「ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー(1985年)」、「ビギナーズ(1986年)」、「白い炎の女(1987年)」などを含むゴールドクレスト・フィルムの16作品のリマスタリングの指揮は、ゴールドクレストの最高技術責任者ローレント・トレハーン(Laurent Treherne)氏が執った。

“ OTTサービスが増加する中で、高品質のフィルムからのコンテンツに対する需要も高まっている。”(トレハーン氏)

4Kでのコンテンツを希望するクライアントの要望を満たすだけでなく、Cintel Film Scanner を使用することでゴールドクレスト・グループ内での修復ワークフローも維持できた、と同氏は続ける。

“ 修復作業では常に何らかの問題が起こるものだが、今回のプロジェクトでも多くの困難が伴うことを事前に予期していた。これには、適切なソースの特定、ダメージの修復、カラーグレーディングや色反転用の参照画像の特定、今の時代 に見合ったフォーマットへのオーディオファイルの変換などがあった。Blackmagic の製品は多才でスピーディなので、これらの問題に対処する上で助かった。”(トレハーン氏)

Blackmagic Cintel Film Scanner 専用の DaVinci Resolve ワークステーションが設けられ、この単一のワークステーションを使った独立したパイプラインを使うことで、ゴールドクレストのデジタルインターミディエイト作業に影響を与えることなく作業が行われた。フィルムの検査およびクリーニングはラボで行われ、その後、各リールは専用の高速ストレージボリュームに4Kでスキャンされ、最終的に2Kにするためにコンフォームとフレーミングの再調整が行われた。

ダストやノイズ除去の後、取り込んだファイルは DaVinci Resolve Studio でグレーディングされた。その後、アーカイブ用にDSM、納品用にHDでレンダリングされた。

“ フィルムコレクションの配給条件が HD ProRes HQ 422 なので、納品にはこのフォーマットを使用した。しかし多くのクライアントが Ultra HD 4K を検討し始めているので、将来的なセールスを考慮に入れると必要不可欠な要件だ。”(トレハーン氏)

同氏によると、Cintel の性能はプロジェクトの開始当初からその実力を大いに発揮したとのこと。特にネガフィルムのスキャンが優れていた。

“ 最も感動したのはネガフィルムのスキャン時のパフォーマンスの優秀さ。他のスキャナーならフィルムが蛇行してしまうような場合でも、Cintel は問題なくスムーズにフィルムが流れていく。通常のワークフローでは問題を修正するために、ショットのスタビライズを数多く行う必要がある。Cintel のおかげで多くの時間と費用が節約できた。”(トレハーン氏)

ゴールドクレスト・ポストのパトリック・マローン(Patrick Malone)社長は、最後にこう締めくくった。

“ Blackmagic の製品を使ったスキャン、コンフォーム、グレーディングは非常に明快で、柔軟性に富み、低コストでリマスタリングが行える。1台の Cintel を使ったシンプルな作業でも、別のスキャナーと共に使用しても円滑に作業できる。一部の35mmフィルムはスキャンする上で問題が生じるだろうと思っていたが、結果として得られたディテールの素晴らしさに感動した。また、ネガとプリントフィルムのいずれでも、Ultra HD でのスキャンの速度と品質はとても優れている。”