パナソニック、IPカメラをIoTデバイスとして活用する「Vieurekaプラットフォーム」を開発


パナソニックは、IPカメラを様々な用途のIoTデバイスとして活用する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム(以下、Vieureka PF)」を開発した。この Vieureka PF は、業界で初めて(※1)クラウドからIPカメラ内に搭載された画像認識機能を容易に入れ替えることができ、制御や動作状況の監視を可能にする。用途に合わせIPカメラの機能をカスタマイズでき、店舗でのマーケティング、工場での従業員の行動管理、病院・介護施設での見守りなどさまざまなシステムを実現。クラウド上でのシステム運用も容易になる。

特長

●高性能CPUを搭載した Vieureka 対応のIPカメラを活用し、カメラ内の画像認識機能をクラウドから容易に入れ替え、制御、状態監視できる
●公衆回線を通して外出先のスマホからでもアクセス可能
●パソコンを使わずにVieureka対応カメラとクラウドのみでシステムを構築できる

効果

◎カメラ内で画像認識を行い、小さいデータ量(数十〜数百バイト)の認識結果のみをクラウドに送ることで、ネットワークのトラフィックやクラウドの処理の負荷を増大させることなくカメラの設置台数を増やせる
◎クラウド上の認識結果は、目的に応じて集計・分析・可視化(グラフ表示など)が可能
◎画像認識機能の入れ替えにより、多用途対応を実現
◎クラウドだけでなくオンプレミス(※2)での運用も可能

納入事例1:
人物検出を用いた店舗向け来客分析サービス

PUXと連携し、株式会社トライアルカンパニーへ Vieureka PF と人物検出エンジンを活用した店舗向け来客分析サービスを提供。

・カメラ内で人物検出と年齢性別分析を実施し、その認識結果のみをクラウドに直接送信
・クラウドでは、各カメラから送信された認識結果を収集し、滞留時間、売場到達率、店内回遊率などの分析を実施
・ブラウザからクラウドにアクセスすることで、リアルタイムの来客情報を表示

納入事例2:
カラービットを用いた従業員入退室管理システム

ニッコクソフト株式会社と連携し、東京フード株式会社へ Vieureka PF とカラービットを活用した従業員入退室管理システムを納入。


・従業員がアルコール噴霧器の傍に置かれたカメラに近づくと、名札に付けたカラービットタグのIDをカメラが認識
・従業員の入室権限に応じてエアシャワーの自動ドアを開閉制御
・各従業員の入室状況・映像をリアルタイムでモニタリング可能

 

※1   2017年6月7日現在、画像認識に特化したIPカメラを使ったクラウド対応カメラ管理システムとして(パナソニック調べ)。
※2   自らの設備内に設置して運用するシステムの形態。クラウドとの対比で使用される。

 

問い合わせ先
パナソニック株式会社 全社CTO室 広報担当
E-mail: crdpress@ml.jp.panasonic.com