ArtAV、Synchronizerハードウェアシステムに Blackmagic HyperDeck Studio Miniを採用


ブラックマジックデザインは、世界各国のトップレベルのアーティストや博物館、劇場などにオーディオビジュアル・サービスを提供している大手企業 ArtAV が、Blackmagic Design の HyperDeck Studio Pro および HyperDeck Studio Mini 放送用デッキを、同社の Synchronizer 製品ラインの一環として使用していることを発表した。

あらゆるオーディオビジュアル・サービスを提供しているArtAV。サービスの一環として、様々なビデオおよびオーディオの作品を複数の会場やセットアップで同期させて欲しいという依頼を受けることがある。多くの場合これらの依頼には数多くの出力系統を同時に扱うマルチスクリーンの美術展示が含まれる。

ArtAV が特注で作成した Synchronizer は、ラックベースのマルチチャンネル同期システム。HyperDeck Studio シリーズを採用することで、高品質の非圧縮、圧縮ProRes および DNxHDビデオフォーマットのノンストップ収録/再生を実現している。同システムでは最大40系統の4Kビデオチャンネルと160系統のオーディオチャンネルを同期できる。

「私たちはディテールに注意を払い、常に素晴らしい結果を出すことに務めるという極めてシンプルな事実を誇りにしている。HyperDeck は、私たちの目標実現のために不可欠な製品である。ArtAV は、ハードウェア同期の HyperDeck システムを提供している世界でも数少ない企業のひとつ。このシステムは、4K、HD 非圧縮、ProRes、DNxHDビデオと、膨大な数のオーディオチャンネルの同期を可能にする。」(ニック・ジョイス/ArtAV ディレクター)

「ArtAV のSynchronizer は、9ピンの Sonyプロトコルと HyperDeck のイーサネットプロトコルを両方使用して、HyperDeck をダイナミックにコントロール、ループ、同期させる。これらの操作はすべてカスタムメイドのシングルボード・コンピューターから行い、フレーム精度の同期を実現する。」(ジョイス氏)

HyperDeck Studio Mini は、デュアルSDカードレコーダーに 2160p30 までの SD/HD/Ultra HDフォーマットのノンストップ収録が可能な、世界初の小型放送用デッキ。非常にコンパクトなため、マルチカメラ/マルチスクリーン再生が必要なイベントでの使用に最適である。リファレンス接続およびシンクジェネレーターを内蔵しているので、ArtAV のようなユーザーは複数の HyperDeck Studio Mini をロックして完璧な同期で再生が可能だ。HyperDeck のイーサネットコントロールプロトコルを使用したリモートコントロールも可能。新しいコンテンツをFTP経由でアップロードすることもできる。

イギリス、ロンドンのショーディッチ・ギャラリーにて最近開催されたケリー・リチャードソン(Kelly Richardson)氏による Love Nature プロジェクトにおいて、Synchronizer と HyperDeck Studio Mini のコンビが最初に使用される運びとなった。ArtAV は、10 面のスクリーンを使用する展示用に同期再生システムを提供した。

「ケリー・リチャードソンの Love Nature プロジェクトでは、10系統の4K信号を最新式の4Kスクリーンに再生可能なシステムを設計することになった。スクリーンは、床と天井をつなぐ細いポールに取り付けて、可能な限り『軽さ』を演出している。会場のスペースに限りがあったので機材ラックを設置する場所はなかった。

ソリューションとして、10台の HyperDeck Studio Mini と ArtAV がカスタマイズした Synchronizer を使用した。これによりスクリーンにローカル接続した再生デッキから配信することが可能となった。つまり再生機器を山ほど設置したラックを隠す必要がなくなった。カスタムメイドのポールマウントプレートを使用して、HyperDeck Studio Mini を各スクリーンの上部に取り付け、HDMI で信号を送信した。HyperDeck Studio Mini は素晴らしい活躍をしてくれた。」(ジョイス氏)

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp