Blackmagic Micro Studio Camera 4K、VRTULによる初の360度水中放送に使用される


ブラックマジックデザインの発表によると、Blackmagic Micto Studio Camera 4K が新しい VRTUL Live Pro 水中ステレオスコピック360システムに採用された。

同システムは先日ABC「グッドモーニング・アメリカ」での360度水中ライブストリーミングに使用された。このライブストリーミングは、サンディエゴに拠点を置くVRTUL(VRソリューション/制作会社)が担当し、ブラックマジックの Video Assist 4Kモニター/レコーダー、Teranex AVプロセッサー、Arduino Shield、HyperDeck Studio 12G放送デッキ、Smart Videohub 40×40ルーターなどが使用された。

VR制作責任者/監督で VRTUL Live の共同製作者ケーシー・サップ(Casey Sapp)氏によると、このリグの構想から完成までに与えられた時間はわずか30日。その期間内で同氏のチームはVR制作会社 30 Ninjas とルイス・スミシンガム(Lewis Smithingham)氏と共にリグの開発にあたった。

「非常に多くのことを考慮する必要があった。バハマ沖3キロにある沈没船にボートを係留し、そこからスティッチングした信号を Facebook Live に適したエンドコードとビットレートにしてニューヨークに中継伝送し、3時間以上に渡るストリーミングを行う必要があった。

実際の『グッドモーニング・アメリカ』の放送にマッチするように、遅延は10秒未満に抑える必要があった。また、サメが噛みついたり壊したり倒したりしないように頑丈であると同時に、画質も優れている必要があった。単純にビニール袋やハウジングをカメラに被せたような即席のものではなく、カスタムメイドする必要があった。多くの制約があったが、Micro Studio Camera 4Kを使えば最終的に全てがうまく収まると分かっていた。」(サップ氏)

VRTUL Live のリグには5台の Micro Studio Camera 4Kが使用され、4Kの高解像度で360度の撮影を行なった。また、各カメラからのSDI信号はブラックマジックの Mini Converters Optical Fiber 4Kでファイバーに変換され、Mini Converter SDI Distribution も使用された。ボートでは Arduino Shield を使ってカメラのゲイン、シャッター、その他のマニュアルでのコントロールを調整した。加えて、ボートにはワークフローの中心として Smart Videohub 40×40が搭載され、DaVinci Resolve Studio からのライブでのカラーグレーディングと、現場のエンジニアによるダイナミックなスティッチング映像を受信した。さらに Teranex AV がオーディオのエンベッドと信号処理に、HyperDeck Studio 12Gがマスター収録に使用された。Video Assist 4Kモニターで潜水前のフィードのテスト が行われ、Mini Converter Sync Generator はビデオリファレンスに使われた。

「ワークフローの機材が全て小型で小回りが利き、かつパワフルである必要があった。ブラックマジックデザインの製品はその基準をすべて満たしている。Micro Studio Camera 4Kは極めて小型で手頃な価格にもかかわらず優れた画質が得られる。水中では解像度が下がるので、映像の観点からすると Micro Studio Camera 4K の澄んだ画質と4Kの解像度は今回のプロジェクトでは欠かせない要素だった。」(サップ氏)

「結果として非常に大きな成功を収め、ABCにとって今回のライブストリーミングは画期的な放送となった。今はこの業界における転機。こういった技術の実用化を証明するだけではなく、これらの技術によって視聴者が参加できる番組を制作でき、実際の放送に統合して使えるテクノロジーであることを広める必要がある。」(サップ氏)

VRTUL(バーチャル)
最新技術と才能から作り出した没入型コンテンツ製作のソリューションを提供することで、創造性の限界を押し拡げる企業。初の360度3D水中カメラ・VRTUL 1を生み出し、同社のVRTUL LiveはABC『グッドモーニング・アメリカ』での360度ライブストリーミングに使用された。VRTULはサンディエゴとロサンゼルスにオフィスを構える。www.VRTUL.co

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp