JUNS、3D・CG制作者向けのワークステーション「JUNS Pro SUPERPC RyzenX」を発売開始


カスタムPCやライブ配信・収録システムを製作・販売するJUNSでは、コストパフォーマンスの高さで話題のAMD製CPU、Ryzen7プロセッサを搭載し、3D・CG制作に最適化したワークステーション「JUNS Pro SUPERPC RyzenX」を2017年6月28日より発売した。398,000円(税込)。

AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア・16スレッドプロセッサRyzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3D・CG映像表現を求める制作者向きのマシンに仕上げたという。

SuperPC RYZENXならではの特徴は、8コア・16スレッドのRyzen7プロセッサを3.8GHzマルチコアで駆動させ、プロセッサ自体がもつ本来の性能を引き出している点。After EffectsやCINEMA 4Dでの3Dレンダリング、動画エンコードなどで実力を発揮する。

本体基本仕様
プロセッサ:Ryzen7プロセッサ 1700X 8コア・16スレッド 最大3.8GHz常用駆動
チップセット:X370チップセット
メモリー:DDR4-32GB(16GB×2)
グラフィック:GTX1070-8GB
システムドライブ:SSD 512GB
ストレージ:8TB HDD
オプティカルドライブ:Blu-ray(-R/-RE /DL)/DVD±R/CD-Rスーパーマルチドライブ
カードリーダー:3.5インチ内蔵型 ※USB3.0転送
電源:80PLUS 850W
OS:Windows 10 Pro 64bit セットアップ

製品ページURL: http://www.juns.jp/products/superpc/