仏テレビドラマ「Le Bureau des Légendes」で DaVinci Resolve Studioを使用、Ultra HD 4K で納品


ブラックマジックデザインの発表によると、フランスのテレビドラマ「Le Bureau des Légendes(原題)」のシリーズ3のポストプロダクションに、DaVinci Resolve Studio および DaVinci Resolve Advanced Panel が使用された。同作は、Canal+ による数々の賞を受賞したフランスのドラマシリーズ。

「Le Bureau des Légendes」は、Amazon Prime で視聴可能な10回シリーズのドラマ。フリーランスのカラリストであるギヨーム・リップス(Guillaume Lips)氏は、パリの Digital Factory で、同作のポストプロダクションを行った。

「全シリーズの最初から最後まで Resolve を使ってグレーディングしただけでなく、初めてUltra HD 4Kで納品した。」(リップス氏)

リップス氏によると、各エピソードのDI完成までの納期は非常に厳しかったという。

「1つのエピソードにかけられる時間がわずか2日という状況だったので、スピーディかつ効率的なワークフローが必要だった。Resolve のリアルタイム性能のおかげで、最高レベルのショット・トラッキングが可能だったことはもちろん、プロジェクトをネイティブ素材の4Kで扱うことができた。」(リップス氏)

メインカメラは ProRes 4444 で撮影した一方、アクションシーンの撮影には、多くの小型カメラもセカンドユニットとして使用された。

「Resolve の豊富なフォーマット/マルチコーデック・サポートが大変役立った。基本的なグレーディングでコントラストの調整、カラースペースの差異の修正を行ってから、最終的なDIを開始した。」(リップス氏)

シリアのシーンのグレーディングでは、リップス氏は DaVinci Resolve のツールセットと Power Window を使用。リッチで深いトーンを強調してコントラストを加える一方、ハイライトおよびシャドウの部分に十分なディテールを残した。

「これを実現するため、Resolve のHDR性能を使用してミッドトーンを処理した。肌のトーンに関しては、ソフトネスを可能な限り適用することで、Resolve が得意とする4K納品の『明瞭すぎる』ルックを和らげた。」(リップス氏)

リップス氏は最後にこう締め括った。

「私はカラリストとして長年の経験があり、これまで様々なグレーディングシステムを使用してきたが、DaVinci Resolve は今日の市場において最も優れたシステムの1つだと断言できる。DaVinci Resolve Advanced Panel と併せて使用すれば非常に作業効率が良い。今回のプロジェクトでグレーディングの新記録が出だ。」(リップス氏)

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/