GoPro、新しい動画編集ソリューション QuikStories を発表


GoPro app に 新機能・QuikStories が追加された。QuikStories は、フッテージを GoPro HERO5 からスマートフォンに取り込み、すぐにシェアできるビデオを自動で作成。音楽やフィルター、そしてエフェクトを調整し、シェアラブルなビデオを簡単に作成することができるソリューションだ。

「QuikStories は我々が GoPro を生み出した時以来の最大の躍進だ。QuikStories は我々のお客様が長い間待ち望んでいたシンプルなストーリーテリングソリューションで、ゲームチェンジャーになると確信している。」(Nicholas Woodman/GoPro 創業者 兼 CEO)

スマートフォンの GoPro app と HERO5カメラをペアリングさせるだけの操作でアプリが自動的にカメラの直近のフッテージをスマートフォンへと取り込み、動画の作成までを行う。QuikStory のカスタマイズも簡単。テキストの追加、スローモーションやスピードエフェクト、フィルターや音楽の選択、動画の長さの調整などが可能なうえ、スマートフォンに入っているフッテージであれば GoPro で撮影したものでなくても追加が可能だ。

HERO5 Black、HERO5 Session に対応。利用するには、App Store もしくは Google Play にて最新の GoPro app と動画編集アプリ Quik のダウンロードが必要。アプリはどちらも無料。詳細は GoPro ニュースページ・The Inside Line(英語)にて。