マイクの次は三脚です


そういえば、前月、マイクテストで混乱中という写真を撮って呟いたのですが、あの後かなり整理できまして(そうじゃないと困るんだけど)、特集としてもなんとか形にまとまりました。何本ものマイクをテストしていただいた池野さん、須藤さん、大須賀さん、ありがとうございました。

20日発売の10月号は、巻頭にキヤノンの4K/60Pハンドヘルドの速報、そして特集が「カメラ搭載マイク大全」です。発売日までまだ時間がありますので、しばしお待ちください。

さて、で、今月は三脚をやっています。

まとめて触ってみると、見えてくるものがあります。

載せる想定のカメラはこんな感じ。

これにFS5にSHOGUNを載せた場合も想定しました。本当はXF405/XF400があるといいんですけど、XA35で代用です。

ちなみに今のところ混乱にまでは至っておりません。冷静にやっております。

今日は齊藤カメラマンが、全モデルにカメラを載せ替えて数時間にわたってチェック。

別件の打ち合わせでいらっしゃった竹本カメラマンも途中参戦。

カメラがXA35くらい軽くても、本気でビデオやるなら僕はザハトラーFSB6を奨めるなあ〜、絶対撮影がうまくなっていくよ、とのことでした。

頼まれ舞台撮影をやっている編集部S山のセレクトは、ヴィンテンvision blue、ザハトラーAce L、リーベックRS-250の3本。これは納得のセレクトです。

私も明日、GH5用の三脚をセレクトしたいと思います。

特集テスト初日のご報告でした。