株式会社Zaxx、HDR および4K 対応の新スタジオに多数のブラックマジックデザイン製品を導入


ブラックマジックデザインの発表によると、ポストプロダクションの株式会社 Zaxx が、東京六本木に新設したスタジオ GZ TOKYO ROPPONGI に DaVinci Resolve Studio、Teranex AV、Smart Videohub など数々のブラックマジック製品を導入した。

Zaxx は名古屋に本社を置くポストプロダクションで、都内にもスタジオを構える。撮影部も擁し撮影現場のデータ管理、編集、グレーディング、CG制作、サウンドデザインなど、あらゆる映像制作のワンストップサービスを提供している。

GZ TOKYO ROPPONGI は、六本木に新設された都内2つ目となるスタジオ。4K HDR に対応したポストプロダクションスタジオとして、グレーディング用に Linux とWindows の2式の DaVinci Resolve Studio を導入。Linux 版は DaVinci Resolve Advanced Panel 付きでグレーディング室に、Windows 版はオンライン編集室でそれぞれ使われている。各編集室は Universal Videohub 72 および Smart Videohub 40×40 を介して管理され、編集室それぞれに設置された Videohub SmartControl を使って入出力の切り替えができる。

「DaVinci Resolve は青山のスタジオでも Mac版を導入している。近年、4K以上で撮影できるカメラも増えてきており、HDR への対応も考えるとよりパワーのあるマシンが必要だと思い、Linux 版を導入した。解像度が上がっても拡張性があるため、対応がしやすいところも大きかった。」(佐藤和彦氏=株式会社 Zaxx 専務取締役)

「Advanced Panel もすでに青山で使っていたので操作性の良さなどはわかっていた。また、弊社は外部のカラリストが作業することも多いため、彼らが普段と変わらない環境でストレスなく仕事ができるようするためにも Advanced Panel は必要だった。Windows 版は、HDR オンライン編集の際に、グレーディングの部屋と編集室を移動しなくてもHDR の最終の微調整ができるように、ということで導入した。」(長谷川伸氏=株式会社 Zaxx 取締役/デジタル・イメージング部長)

また、同スタジオのマシンルームにも多数のブラックマジック製品が導入されており、2式の Teranex AV、Smart Videohub 40×40、Universal Videohub 72、Videohub SmartControl、Videohub MasterContorl、3式のSmartScope Duo、そのほか多数の UltraStudio Express、Mini Converter が使用されている。

「Universal Videohub は別のスタジオでも使っており、信頼性があったので引き続き導入した。こちらは HD の系統用で、SmartVideohub は 4K対応用。編集室や MA室などを合わせて9部屋あるが、この規模のスタジオのマシンルームとしては、だいぶスッキリ構築できたと思う。」(佐藤氏)

同社の撮影部では、ブラックマジック製品を活用した DITカートも構築している。ATEM 1M/E Production Studio 4K スイッチャー、再生・収録の HyperDeck Studio Pro、Smart Videohub 12×12 ルーターおよび Smart Videohub CleanSwitch、Teranex AV、DaVinci Resolve Studio、Resolve の出力および外部映像キャプチャー用の UltraStudio 4K など、数多くのブラックマジック製品が取り入れられている。

長谷川氏は最後にこう結んだ。

「4Kに対応した DITカートを構築したかったので、4K対応製品の多いブラックマジック製品を導入した。スイッチャーは、現場で簡易合成したり、撮った画を重ねてアングルチェックしたりするのに使っている。また後からロゴやテロップが載るのがわかっている場合は、ATEM でロゴを表示しておいて、被写体がロゴに被らないようフレーミングするのにも使う。テロップなどを何枚も出せるので便利だ。また DaVinci Resolve は、素材チェックやファイル変換などにも活用できて、グレーディングにとどまらない汎用性が魅力だ。最近では、自ら DaVinci Resolve を扱うカメラマンや撮影助手の方々も増えている。撮影現場における色の調整だけでなく、インプット/アウトプットや素材の取り込み/書き出しなどの細かい設定などについてケアすることも私たち DIT の重要な業務。その共通言語として DaVinci Resolve に魅力を感じています。」(長谷川氏)

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp