ソニー、超小型の1.0型CMOS搭載サイバーショット [DSC-RX0] を10月に発売


ソニーから1.0型CMOSの新型サイバーショットが10月27日発売予定。型番は「DSC-RX0」と珍しく「0」を冠するモデル。価格はオープン(推定8万円前後)。

サイバーショットであるRX0の一番のポイントはそのボディサイズにある。マッチ箱程度のボディに有効画素約1530万の1.0型CMOSを搭載する。レンズはF4固定の35㎜判換算24㎜(3:2静止画時)のツァイスレンズを採用、裏面に1.5型液晶モニターを持つ。

幅59㎜×高さ40.5㎜(厚みは3㎝弱)と手の中にすっぽりとおさまるサイズ。1.5型の液晶モニターの脇と下に小さなボタン類が並ぶ。左側は各種端子やマイクロカード収納部。
側面はバッテリーを収納。

 

 

アクセサリーでハウジングも用意されるが、カメラ本体だけで水深10mの防水性能もある。さまざまなシーンでの活用が期待できそうな1台であるが、同社のウェアラブルカメラ「アクションカム」とは別カテゴリーに置かれ、RXシリーズの高性能を謳うモデルでもある。

本体内のマイクロSDカードへの記録は1080/60pまでとなるが、外付けレコーダーと組み合わせることで4K記録も可能。また最大960fps(40倍)のスロー動画やS-Log2収録などの多彩な動画収録が可能。
アクセサリーも充実していて、ケージ(ネジ穴35個)や水深100mまでの防水ハウジング、フィルターアダプターやケーブルプロテクター等も用意される。

 

▼ハウジング MPK-HSR1 ¥90,000

また、別売の電波式ワイヤレスコマンダーFA-WRC1Mで15台までのマルチカメラコントロールが行なえるなど、とにかくさまざまな機能を誇るRX0。ぜひ手にとってみたい1台である。

◎ソニー DSC-RX0

撮像素子●1.0型(13.2×8.8mm)CMOS

画素数●総画素2100万画素(有効1530万)
レンズ●F4.0 f=24㎜(3:2静止画時) ZEISSテッサーT*
記録メディア●マイクロメモリースティック、マイクロSDカード
液晶モニター●1.5型TFT液晶、約23万ドット
動画記録●XAVC S、AVCHD規格Ver.2.0準拠、MP4
主な動画撮影モード●1080/60p(50M)、1080/30p(50M)、1280×720/120p(50M)
HFRモード●1080/240p(センサー読み出し1676×942)、1080/480p(同1676×566)、1080/960p(同1136×384) ほか
バッテリー使用時間●連続動画撮影:約60分
入出力●マルチ/マイクロUSB、ハイスピードUSB、HDMIマイクロ、マイク
寸法/質量●W59×H40.5×D29.8mm/約95g(本体)

http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX0/