富士フイルム、世界最小・最軽量の4K対応放送用レンズ FUJINON UA24x7.8BERD を発売


富士フイルムは、世界最小(全長約 220.5mm)・最軽量(質量約 1.98kg)を実現した 4K対応の放送用レンズ FUJINON UA24x7.8BERD を2018年1月より発売する。価格はオープン価格。

コンパクトボディながら広角 7.8mm から 187mm の焦点距離をカバーする 24倍高倍率ズームを備え、高い機動力と運用性を発揮するポータブルズームレンズだ。スポーツ中継や報道取材などで臨場感ある高精細な映像を撮影できる。

なお、本製品は9月にアムステルダムにて開催される国際放送機器展示会「IBC2017」に出展される。

特長

●4K対応の放送用レンズとして世界最小・最軽量を実現
・全長約220.5mm・質量約1.98kg の世界最小・最軽量を実現。
・「4Kカムコーダー」との組み合わせで、「肩担ぎスタイル」の負担を軽減。

●24倍の高倍率ズームを備え、高い運用性を実現
・小型・軽量ボディながら、広角 7.8mm から 187mm の焦点距離をカバーする 24 倍ズームを実現。
・コンパクトボディと高倍率ズームの両立により、スポーツ中継や報道取材で被写体を強調した映像を撮影できる。

●ズーム全域で4K対応の高い光学性能を発揮
・多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」により光の透過率や色再現性を高める。
・最新の光学設計技術により、画面周辺の解像力低下と各種収差を抑制。より「HDR(ハイダイナミックレンジ)」を活かした撮影が可能。明暗差の激しい撮影シーンでも豊かな階調を再現。

●9枚絞り羽根採用による自然なボケ味を実現
・9枚絞り羽根の採用により、円形に近い絞り形状を実現。自然なボケ味を生かした撮影が可能。

●16bit エンコーダーを標準装備
・ズームやフォーカスの位置情報などのレンズデータを高分解能で出力できる 16bit エンコーダーを標準装備。CG映像とライブ映像を合成するバーチャルスタジオなど、さまざまなシステムと連携できる。

 

富士フイルム株式会社
http://fujifilm.jp/