リコー、4K・360度カメラ「RICOH THETA V」を発売。空間音声収録に対応する他、30mの防水ハウジングも


リコーは、360° カメラ RICOH THETA (リコー・シータ)シリーズの最上位機種「RICOH THETA V」を9月下旬に発売する。価格は5万円台前半(税別)の見込み。

本製品は、どこにでも気軽に持ち出せる小型・軽量ボディはそのままに、4K(3840×1920)/29.97pの360度動画撮影に対応。圧縮方式はH.264(4K時54Mbps)に加えて、より圧縮効率の高いH.265(4K時32Mbps)を採用している。また、本体内に4chマイクを内蔵しており、単体で360度空間音声記録に対応しており、臨場感溢れる音声収録が可能になっている。

無線LANは5GHz帯(転送速度50Mbps)を大容量データを快適に閲覧できる高速転送を実現している。また、スマートフォンやタブレットとの接続方式を Bluetooth と無線LAN の両方式から選択できるなど、ユーザーの使用状況に応じてフレキシブルな操作を可能にしている。

 

 

 

 

 

別売オプションの空間音声用マイク

THETA Vは単体でも上下左右の360度空間音声記録に対応するが、オーディオテクニカ製のマイクロフォンユニットをを採用した3DマイクロフォンTA-01を装着すればより高音質な音声収録が可能になる。ウィンドスクリーンも付属する。

30mの防水性能を持つハウジングも

水深30mまでの防水性能(JIS保護等級8級)を備えた水中ハウジングTW-1。ケースに入れたまま電源ON/OFF、静止画/動画の撮影モード切り替え、レリーズボタンの操作ができる。価格はオープン。10月中旬の発売予定。

 

 

おもな特長
・高精細な360° 全天球イメージの静止画、動画撮影が可能
・4K対応の高画質360° 動画
・本体に360° 空間音声記録に対応した4chマイクを内蔵。アクセサリーTA-01も。

・高速データ転送
・テレビなどの大画面モニターで360° 映像を楽しめる「リモート再生機能」

 (別途ワイヤレスディスプレイアダプターが必要)
・Bluetooth&無線LAN のデュアル通信
・プラグインによる機能追加が可能
・機能拡張による将来的なアップデートを予定
・4K 360° ライブストリーミング出力に対応

製品名:RICOH THETA V
本体色:メタリックグレー
価 格:オープン価格
発売日:2017年9月下旬
付属品:USBケーブル、専用ケース

製品詳細
https://theta360.com/ja/about/theta/v.html

 

問い合わせ先
株式会社リコー お客様相談センター
TEL: 0570-001313

株式会社リコー
www.ricoh.com/ja/
リコーイメージング株式会社
www.ricoh-imaging.co.jp