Blackmagic Design 製品、2017年夏の世界各地でのコンサートや音楽フェスで活躍


ブラックマジックデザインの発表によると、今年開催された大規模な音楽フェスティバルやコンサートツアーのキャプチャー、スイッチング、モニタリングに、同社のインフラ製品が多数の機材レンタル/ステージ演出会社により使用された。

これには、ワンリパブリック、ジミー・バフェット、トレイン、エルトン・ジョンなどのアーティストに加え、La Route du Rock、BigCityBeats、Reggae Fest などのフェスティバルが含まれる。

放送技術とオーディオビジュアル技術の共通性がいっそう増していく中、PRG XL Video、LANG AG、Fix8Group、So Midwest、Subtractive Inc. など、ますます多くの機材レンタル/ステージ演出会社がブラックマジックデザインの製品を中心としたビデオ制作をアーティストやツアーバンドに提供し始めている。

Creative Technology のシド・ロブ(Sid Lobb)氏もそれに同意する一人だ。

「ライブコンサートやパフォーマンスには、低遅延で、効率性が高く、複数のフォーマットに対応している機器が要求されるが、それを実現するブラックマジックデザイン製品は弊社のような会社にとって欠かせない存在だ。同社の製品は、イベントのセットアップ、モニタリング、配信、IMAG用映像ミキシングだけでなく、収録やパフォーマンスのライブストリーミングまで、制作チェーンの全ての側面に使用されている。」(S・ロブ氏)

ブラックマジックデザイン製品を使用したオーディオビジュアル・ソリューションを導入した2017年のコンサートや音楽フェスティバルの一例は以下のとおりだ。

コンサートツアー:
ボブ・シーガー&ザ・シルバー・ブレット・バンド/「Runaway Train」ツアー
エルトン・ジョン/2017年ワールドワイドツアー
フォール・アウト・ボーイ/「The Mania Tour」
ジミー・バフェット&コーラル・リーファー・バンド/「I Don’t Know」ツアー
ワンリパブリック/「Honda Civic」世界ツアー
リッチー・ホゥティン/「CLOSE」ツアー
トレイン/「Play That Song」夏季ツアー

音楽フェスティバル:
Brussels Summer Festival
Les Francofolies de Spa(フランス)
BigCityBeats World Club Dome(ドイツ・フランクフルト)
Hellfest ヘビーメタル音楽フェスティバル(フランス)
Reggae SumFest(ジャマイカ)
Jazz Sous les Pommiers(フランス)
FYF Festival(アメリカ・ロサンゼルス)
Sound in Focus(アメリカ・ロサンゼルス)
ウルトラ・ミュージック・フェスティバル(アメリカ・マイアミ)
Rock en Seine(フランス・パリ)
La Route du Rock(フランス)
UNITE with Tomorrowland(ドイツ)
Vielles Charrues(フランス)

制作会社の So Midwest は、先日ブラックマジックデザインのTeranex AV、SmartView Duo、HyperDeckStudio Pro をトレインの「Play That Song」2017年夏季ツアーに使用した。同社では、今秋に予定されているフォール・アウト・ボーイの「The Mania Tour」に全てブラックマジックデザイン製品から成るワークフローを使用する計画だ。使用製品は以下が予定されている。

キャプチャー用:
Blackmagic Studio Camera4K,URSA Mini Pro,Micro Studio Camera

IMAG用のビデオラック:
ATEM 2 M/E ProductionStudio 4K,ATEM 2 M/E Broadcast Panel,HyperDeck Studio Pro,Teranex Express,TeranexMini,MultiView 4,SmartView 4K,SmartScope Duo,ATEM Talkback Converter,UltraScope,多数のMini Converter

制作デザイナーのロブ・ジブソン(Robb Jibson)氏はこう語る。

「ブラックマジックは既存の価値基準を打ち砕くような企業だが、優れたルックの映像を得られる機器を提供してくれる。同社の製品を使用すると、他のショーでは不可能な映画撮影の要素を取り入れることができる。何か障害に行き当たるたびに、ブラックマジックの製品では何か良い解決策があると分かっている安心感がある。」(R・ジブソン氏)

欧州全土で開催されたEDMフェスティバル・World Club Dome において、BigCityBeats のためにライブプロダクションのサービスを提供した VPS Media GmbH は、ブラックマジックデザイン製品のオープンインターフェースにより多大な柔軟性を得られていると語る。VPS Media のビヨーン・アスマス(Björn Aßmus)氏は以下のように語る。

「弊社では世界各国でのイベントを扱っている。通常の商用便で運べるポータブルなプロダクション機器を使うことで、希望の設定でプラグアンドプレイが世界各地で可能で、エラーの原因やオンサイトでの複雑な組み立てなどを最小限に抑えられる。

また、ブラックマジックデザインのライブプロダクション・ハードウェアは汎用性に富み、インターフェースは直感的でインテリジェントなため、弊社のスタッフや現地クルーが簡単にシステムを理解でき、究極のライブ体験を届けることができる。」(B・アスマス氏)

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp