ブラックマジックデザイン、クアッドリンク12G-SDI 搭載の DeckLink 8K Pro を発売


ブラックマジックデザインは、キャプチャー・再生カードの新製品・DeckLink 8K Pro を2018年1月初旬に発売する。実勢価格は78,300円(税込)。

本製品はクアッドリンク12G-SDIを搭載した高性能キャプチャー・再生カードで、高解像度8Kのワークフローにリアルタイムで対応。SD から 8K DCI までのあらゆるビデオフォーマット、12-bit RGB 4:4:4 をサポートし、ディープカラーとHDRに対応した Rec.2020 などの高度なカラースペースも使用できる。オーディオチャンネル数は64チャンネルに及び、ステレオスコピック3Dや高フレームレートもサポートしている。

また、近日リリース予定の DaVinci Resolve 14.2 Studio とシームレスに機能する。同アプリケーションではスムースな編集、カラーグレーディング、オーディオボストプロダクションが実現し、フル解像度のHDRプロジェクトを8Kでマスタリング可能だ。Final Cut Pro X、Media Composer、Premiere Pro、After Effects、ProTools、Nuke などのプロ仕様のアプリケーションとも機能する。さらに無償のソフトウェア開発キットもあるため、個人ユーザーやOEM企業は独自のソリューションを構築できる。

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp