カースティン・マルドナードの新ミュージックビデオ「Naked」、15台の ブラックマジックデザインのカメラで撮影


ブラックマジックデザインの発表によると、世界中でセンセーションを巻き起こしているシンガー、カースティン・マルドナード(Kirstin Maldonado)の新しいミュージックビデオの撮影で、15台のブラックマジックデザインのカメラが使用された。新曲「Naked」の MV の撮影には複数の URSA Mini 4.6K、URSA Mini Pro デジタルフィルムカメラ、そして Micro Cinema Camera、Pocket Cinema Cameras、Studio Camera 4K が使用され、すべてのカメラで同時に撮影された。

カースティン・マルドナードは、グラミー賞を獲得しているシンガーソングライターであり、5人組アカペラグループ・ペンタトニックスのメンバーでもある。2017年夏リリースのファーストソロ EP『LOVE』は瞬く間にチャートを駆け上がった。「Naked」は同 EP からの3枚目のシングルカット。「Naked」の MV は世界中で数百万人に視聴されている。監督 ダニエル・カーベリー(Daniel Carberry)、撮影監督 コーリー・ジェニングス(Corey Jennings)のコンビで制作されたこの白黒の MV は、古いハリウッド映画のグラマラスなルックと情感を実現していて、「裸」で世界に晒されているような不安感や傷つきやすさやを表現している。

カースティンを取り囲んでいるのは、15台のブラックマジックデザインのカメラ。これらのカメラは単なる小道具ではなく、実際に撮影を行っている。カーベリー監督とジェニングス撮影監督は、異なるアングルと照明でカースティンを撮影できるようにカメラを設置し、カメラモニターに映っているカースティンも撮影した。撮影期間は1日。カメラマン数人によって、15台すべてのブラックマジックデザインのカメラで同時収録された。

「この MV は、世界に対してオープンであること、そして世界は様々な目線であなたを見ているというメッセージを表現している。私たちは1台のカメラで1つのイメージを撮影するだけでは不十分と考えた。そこで、カースティンを文字通りブラックマジックデザインのカメラで取り囲み、一斉に撮影した。大変なプロジェクトだったが、ブラックマジックデザインのカメラは優れたイメージと統一感のあるルックを提供してくれた。」(カーベリー監督

カメラの数に対し撮影クルーが少なかったため、簡単に設定・操作できることがカメラの条件であった。また15台のカメラで撮影したフッテージを1つの MV にまとめるので、ポストプロダクションで扱いやすい高品質のイメージが得られることも重要だった。

「1人のオペレーターが数台のカメラを掛け持ちしなければならなかった。非常に効率的なセットアップが必要だったが、ブラックマジックデザインのカメラは期待を上回る働きをした。簡単でスピーディに設定でき、1日中フル稼働した。ブラックマジックデザインのカメラはこのプロジェクトにぴったりだった。一貫した高画質が得られることに感動した」(カーベリー監督)

カーベリー監督は最後こう結んだ。

「私たちが目指していたのは、ハリウッドっぽいグラマラスなルックを持つ、高品質でシネマライクな作品。ブラックマジックデザインのカメラで理想通りのフッテージを撮影でき、15台のカメラを同時に使用したことで「Naked」の MV に必要なユニークなルックとエフェクトを得られた。」

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp