ビデオSALON.web

ティアック、アンビソニックス音声収録対応の『DR-701D』新ファームウェアを発表

ティアックは、ドイツ・ゼンハイザー(Sennheiser)社とパートナーシップを締結し、Ambeo VR micなどのアンビソニックス音声収録に対応した『DR-701D』の新ファームウェアV2.00の無料ダウンロードを開始した。

映像撮影に特化したマルチチャンネルオーディオレコーダー『DR-701D』が新しいファームウェアV2.00により、Sennheiser Ambeo VR mic をはじめとしたアンビソニックマイクの収録に対応した。従来の機能に加えて、A format/ B format での収録や、ステレオミックスでの B format 信号のモニターが可能となった。

ファームウェア V2.00の主な機能

●アンビソニックマイク収録モードを追加
●ファントム電源供給が可能な4つのXLR入力端子を搭載
●A format もしくは B format での収録が可能
●B format の信号をリアルタイムでステレオ変換し、ヘッドホン出力とライン出力でのインプットモニター、ファイル再生に対応。
●B format は Ambix, FUMA の各ファイルフォーマットを選択可能
●全入力のトリムを一括して操作可能な GANG動作モード
●アンビソニックスマイクの様々な設置に柔軟に対応可能なマイクポジション選択機能
●A format もしくは B format での4ch分の収録に加え、同時にステレオミックスの収録が可能

DR-701D 製品ページ
https://tascam.jp/jp/product/dr-701d/

ファームウェア V2.00 ダウンロードページ
https://tascam.jp/jp/product/dr-701d/download/

 

ティアック株式会社
https://tascam.jp/jp