my Japan、トップクリエイターと共につくる合宿型映像クリエイター育成プログラム「Creative Summer Camp 2018」の参加者募集を開始


一般社団法人my Japanは、映像・広告業界のトップクリエイターから直接学べる29才以下の学生、社会人向けの合宿型映像クリエイター育成プログラム「Creative Summer Camp 2018」の参加者募集を開始した。my Japanは地方の魅力を30秒で伝えるCMコンテストを運営しており、その中の夏の選抜型育成プログラムとしてCreative Summer Campを運営している。当プログラムは今年で5年目となる。

 

講師には、伊右衛門のCMディレクターでも知られる東北新社取締役・中島信也氏、またサントリー「ペプシマン」シリーズ、マンダム「GATSBY」や資生堂「TSUBAKI」、「ELIXIR」などを手がける黒田秀樹氏など、日本の映像、広告業界のトップクリエイターが若手クリエイターを指導する。参加者が作った映像作品は、タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」などを手がける 風とロック/すき あいたい ヤバいの箭内道彦氏が審査・講評をし、渋谷交差点で放映される作品を決める。

 

プログラムは、7月21日に始まり、9月22日の最終発表会までの2ヶ月。3人1組でチームを作り、ワークショップや1泊2日のロケハンを経て福島北部のCMを2泊3日の間に制作する。最終発表会は渋谷ヒカリエで行われ、優秀作品は渋谷の交差点での放映権もあたらえられる。

 

◉応募要項
応募条件:29才以下、全日程参加可能な方
参加費:学生 45,000円、社会人 55,000円
参加方法:個人 or 3人1組
※30名限定。7月8日に募集締切

 

◉プログラム
7月21日(土)オリエンテーション@東京
7月28日(土)-29日(日) ロケハン、視察合宿
8月18日(土)1day ワークショップ@東京
8月31日(金)-9月2日(日)撮影編集合宿
9月22日(土)最終発表会@渋谷ヒカリエ

 

◉申込先
Creative Summer Camp公式HPから申し込めます。
http://my-jpn.com/csc/

 

◉講師プロフィール
中島信也
1959年福岡県生まれ大阪育ちの江戸っ子。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。’83「ナショナル換気扇」で演出デビュー。その後デジタル技術を駆使した娯楽性の高いCMで数々の賞を受賞。主な作品に日清食品カップヌードル 「hungry?」(’93カンヌ広告祭グランプリ)、サントリー「燃焼系アミノ式 」(ACCグランプリ)、サントリー「伊右衛門」(ADCグランプリ)、日清ラ王「食べたい男・西島秀俊」、TOTOネオレスト「ビッグベン・リトルベン」 など。’10劇場用映画「矢島美容室the movie」を監督。武蔵野美術大学客員教授(情報デザイン学)、金沢工業大学客員教授(メディア情報学)。

黒田秀樹
1958年大阪生まれ。電通映画社(現・電通クリエーティブX)を経て、1990年フリーとなる。日本人論としても語られた第一三共リゲイン「24時間タタカエマスカ」は斬新な映像で一世を風靡し、自ら作詞したCMソング「勇気のしるし」も大ヒットした。代表作は、サントリー「ペプシマン」シリーズ、マンダム「GATSBY」、資生堂「TSUBAKI」、「ELIXIR」など。CM以外に福山雅治、サザンオールスターズ、SMAP、ももいろクローバーZ等のミュージックビデオの監督としても活躍。数コマ単位の映像処理で“右脳”に響く時間を演出。カンヌ国際CMフェスティバル、ADC賞、ACC賞など受賞歴多数。

河尻亨一
雑誌「広告批評」在籍中には、広告を中心にファッションや映画、写真、漫画、ウェブ、デザイン、エコなど多様なカルチャー領域とメディア、社会事象を横断する様々な特集企画を手がけ、約700人に及ぶ国内外のクリエイターにインタビュー。伝説のクリエイター・石岡瑛子の生涯に迫る伝記「TIMELESS」をオンライン連載中。http://eiko-timeless.com

◉審査員プロフィール
箭内 道彦
1964年、福島県郡山市生まれ 東京藝術大学美術学部デザイン科卒クリエイティブディレクター博報堂を経て、「風とロック」設立。 主な仕事に、タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」、東京メトロ「Find my Tokyo」、サントリー「ほろよい」、 グリコ「ビスコ」、ダンロップ「エナセーブ」など。 「月刊 風とロック」発行人。